フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.5 続・丹後のキス釣り

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

台風、台風、また台風・・・。今年は台風の異常発生と上陸で、予定していた釣行を何回断念した事か・・・。台風接近前は太平洋側がアウト、通過後は日本海側がアウトになり、本当に行く場所が無かった。異常気象とはいえ、さすがにもう勘弁して欲しいものである。

それでも、朝夕がめっきり秋らしくなった頃、ようやく丹後方面に釣行の目処がたった。丹後といえば、今夏、良型を含めてかなりの数のキスを手中に収めることができ、しかも、水が綺麗で景色も最高だった場所。あのときは、本当に良い釣りが楽しめた。感激!

今回は落ちギスのはしりを狙うべく、一路、丹後へ直行。天気は最高という予想だが、朝夕はかなり冷え込むらしく、「カレイ」釣りを思わせるようだ。

数時間のドライブの末、目指す海岸に到着した。風は無いが若干の波があり、また、昨日降った雨の影響で海がささ濁り状態。気温も放射冷却によって予報通り低く、吐く息も白い(寒い~)が、「とにかくやるしかない!」と気合いを入れ直して、早速ロッドを継ぐ。

今日の相棒はキススペCX+。遠・近とオールマイティーに楽しめるロッドだ。




さて、期待を込めて第1投。1投目から良型を期待するが、海中にゴミが多いようで、嫌な重みを感じる。1色引いたところでリーリングしてみるが重く、上げてみると、やはりゴミが鈴なりで上がって来た。

「う~ん。あまり状況が・・・」と思わず独り言が出るが、とりあえず、もう1投。予想していた通り、次もゴミの多点掛け。

こうなると・・・すでに次の移動先を頭の中に描きつつ、速攻でポイント移動。

「キス」を求めて再びドライブが始まった。

どこへ行こうかと迷った末、約10分走ったところでポイントを決めた。

「ここは水の色が良い!ここなら釣れる!」と自身満々で第1投。

が・・・ここも1投目から仕掛けにゴミが絡んで来た。「ようし、そうなったら方向を変えて・・・」と色々な方向に投げ分けるが、掛かってくるのはゴミ、ゴミ、ゴミ。「ここもダメか・・・」と、数投したところで既に諦めモードになってしまう。今度は超遠投も試みるが・・・やはり反応が無い。

「さあ、次のポイントはどこにするか」と思案するものの、風も一段と強くなってきたので、浜からのキスは諦め、とりあえず「キス」の顔を見るべく風裏に移動した。「綺麗な砂浜で、キスをゾロゾロ」と期待していたものの、ここまでくれば「とりあえず1匹!」とだんだん弱気になってくる。




しかし、「まだ諦めへんでぇ~!」と「キス」の居るところ目掛けてフルキャスト。1投目・2投目は「外道」とわかるアタリでカワハギ、フグと釣れてくる。ロッドの感度が良いので、これは○○のアタリ、今度は○○○のアタリと見分けるのも、もうひとつの楽しみである。(キスが釣れないから負け惜しみかなぁ?)3投目、ついに穂先が「ククッ~」と入った。「これは・・・」竿出しして数時間後に初めて捕らえた「キス」のアタリ。丁寧に引いて来ると、もう一度アタリが出た。連掛けを期待したが、ここは欲張らずリーリングすると、姿を見せたのは小型だが「キス」。2連だったが、やけに嬉しい!

期待を込めて同じポイントへキャストすると、しばらく引いたところで50~60センチ穂先が入った。「これこれこれ!やっぱりキス釣りはこれでないと!」と、またもや独り言を言いながらリーリングし、抜き上げると24~25センチの良型キス。「やっと来てくれたの?」朝一番から数十投目に来た良型に思わず笑顔がこぼれてしまう。この1匹は本当に価値ある1匹に感じた。

さらに期待を込めて再度キャストするが、またもや釣れて来るのはフグ、カワハギ・・・。正直、今回の釣行でこれだけ苦労するとは思わなかったが、これも勉強のひとつ。釣れない時こそ、学ぶ事も多いのがキス釣りである。

それからも、手を替え、エサを替えてなんとか数匹のキスを追加したが、「さ~これから!」と気合が入ったところで残念ながら日没近くなり、お陽様が山陰に沈みつつある。後ろ髪を引かれる思いだが、今日はこれにて終了。

これからの季節、そろそろ「カレイ」のシーズンだが、まだまだキスを釣りたいなぁ!釣果は良くなかったけれど、「やっぱりキス釣りは楽しい!」と思いました。