フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.24 ~キスの楽園 香港!PART1~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

VOL.24 ~キスの楽園 香港!PART1~

香港 景色写真

 1997年に租借期間終了によりイギリスから中国に返還され、現在は、中国でありながら特別行政区の香港。人口は692万人で、世界一、人口密度が高い都市である。

 その香港で、投げ釣りをする機会が今回訪れました。香港で投げ釣り??あの大都会の街で・・・??

 聞くところによると、大型のキスが投げ釣りで釣れるらしく、市場には、40センチクラスのキスが並んでいるとか・・・信じられない話しが次から次へと舞い込んで来ます。そんな話しを聞いて黙っていれる訳がありません。

日程を調整し、頭の中は「香港!香港!」という訳で、気が付けば関空発の機内に居ました。

香港 景色写真2

 4月中旬、香港は雨季のはしりだという事で、事前の予報では、滞在する期間、雨・・・。僕は晴れ男!行ったら雨は上がるはず!と強気で空港に降り立ったものの、どんよりとした曇り空・・・。しかし、明日からの予報はなんと「晴」に変わっているではありませんか!(事実、釣り予定日の3日間は殆ど晴れの天気で、雨季のはしりだとは思えないようなお天気でした!)

 今回の来港に向け、あらゆる状況に対応出来るよう、数十種類の仕掛けを用意しました。なんせ、40センチ級のキスが待っているんですから・・・

釣れるキスは殆ど「モトギス」と「ホシギス」らしく、シロギスに比べて引きが強烈だそうです。「ホシギス」といえば、日本の沖縄での代表的なターゲット。

先日も沖縄でホシギス釣りを楽しんで来ましたが、30センチオーバーのサイズが結構高確率で釣れるとの事ですので、もうテンションは上がりっぱなし。

香港 釣具店看板

 初日、地元九龍の魚市場に案内して頂きました。その前に、市場近くの釣具店でエサを購入する事に・・・

釣具店に着いてビックリ!入り口にどこかで見た事のある顔が・・・「剛力投法」で有名な、親友の草野君の写真でした。

思わず写真に挨拶してしまいました!「あんた、なんで香港に居るの??」って・・・

そして草野君の写真と記念撮影!!

事実、香港では「横山 武」「草野 満」は有名でした。ちょっと嬉しく思いました。日本のスターが香港でも有名だったので・・・

で、地元のキャスターが使っているというエサを見せてもらう事にしました。

草野氏(ポスター)と記念撮影お店に並んでいたのは、日本でいう「ホンムシ」と「青イソメ」。

「やっぱり、日本と同じエサを使ってるんだ!」と両方のエサを購入する事に・・・

そして、いざ、市場へ・・・

並んでいる魚を見ると、「キス」・「マゴチ」・「イシモチ」等々、日本の投げ釣りの対象魚が多くありました。

ここでもやはり、アジアでの対象魚は殆ど変わり無い事を実感しました。

圧巻は市場のとある魚屋さんに並んでいたでっかい「キス」。

香港町並み風景そのキスにビックリしていると、店主の方が「奥にまだ大きいのがある」と言い、もうふたまわり程デカイキスを出してくれました。

思わず「うぁ~!!」という声が出てしまい、もう頭の中はパニック状態に・・・

良く見ると、腹鰭が黄色いので、日本・それも本州でのメインターゲットの「シロギス」とは違い、「モトギス」のようでした。

市場で完全にテンションが上がった状態で、初日の食事へ・・・

青島(チンタオ)ビールで乾杯後、香港の海鮮料理で満腹になりました。

さぁ、明日からの釣りが楽しみだ・・・天気も良いし、新鮮なエサもゲット出来たし、あとは僕の腕次第!!

香港ビーチ

 翌日、朝食後、現地の案内の方と共にビーチへ。

自家用車で行くと思いきや、なぜかタクシーに乗り換え、現地に行く事に・・・

(後で聞くと、ビーチに向かう道路の通行には特別なライセンスが必要な為、一般の車両では行けないという事でした。)

目的地に到着すると、広大なビーチが広がっており、いかにもキスが釣れそうな気配です。

まずは、状況把握という事で、8号の5本針仕掛けでスタートしました。

今回、超大型のキスにも対応出来るよう、針は13号までの各号数を用意して来ました。

狙いは40センチですから・・・タックルは超軽量コンビの「スピンパワー365EX+」&「キススペシャルMg」。

キス釣りがますます楽しくなるタックルです。

日置氏キャスティング

ドキドキしながら香港での第1投!!

ゆっくりサビくと、いきなりキスだとわかる大きなアタリが竿先に出ました。

「これは結構デカイぞ!」と未だ見ぬ獲物に期待が大きく膨らみます。

2匹のアタリを捕らえたところで、とりあえず上げてみる事に・・・

途中、ガン・ガン・ガンという強い引きを楽しませてくれて上がって来たのは、20センチオーバーのダブル。

アタリの大きさ・抵抗からして、30センチ近い大物だと思いましたが、ちょっと残念!

良く見ると腹ビレが黄色く、おそらく「モトギス」だと思います。

生まれて初めて釣った「モトギス」。ちょっと感動でした!

モトギス

ビックリさせられたのは、何と言ってもアタリ・抵抗の大きさ!!

香港のキスってほんと元気ですねぇ~・・・

イケメンin香港

それからというもの、1投毎に「モトギス」が釣れて来ます。

よほど魚影が濃いのでしょう。

現地案内人のひとり、「僕、イケメ~ン!!」風の「KOZY]も好調のようで、ニコニコ顔です。

「キスは足で釣れ!」のごとく、ビーチを移動しながら釣り歩きます。

どこへ投げてもコンスタントにモトギスが釣れて来ます。

「遠くも探ってみよう!」という事で、針数を3本に減らして、超遠投する事に・・・

日置氏 リーリング

すぐ、いいカケアガリをキャッチしました。

アタリを待っていると、いきなり竿先をひったくるようなアタリが・・・しばらく待って巻き上げにかかると、今までに無い手ごたえ。

時間を掛けて丁寧にリーリングし、上がって来たのは・・・日本でいうイシモチの一種が連で掛かって来ました。

気がつくと時間は13時過ぎ。お腹もすいたので、ランチタイムとしました。

地元キャスターからの情報収集や日本での投げ釣りの話しに花が咲き、有意義な時間が過ごせました。

「さぁ、第2ラウンド!」とばかりに再びビーチに飛び出します。

ここで、地元のキャスターに簡単な投げ釣り講習会を開催。

皆、一生懸命に聞いてくださり、香港のキャスターの熱心さを改めて感じました。

この日は夕方まで釣り、大型こそ出なかったものの、心ゆくまでキス釣りを堪能しました。

さぁ、明日からの釣りも楽しみ!

お楽しみのアフターフィッシングは、今夜も青島ビールと美味な海鮮料理で満腹になり、早くも体重増の予感が・・・

(ほんと、美味しかったです!!)

明日の釣りを楽しみに、この日は早めの就寝としました!

PART2へつづく・・・

橋の横でキャスティング