フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.304 ~2020年11月末湘南海岸(花水川左岸)釣行~

伊藤 幸一
伊藤 幸一
地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。
シマノ・インストラクター。
シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回・第34回 優勝。

皆さん、こんにちは、神奈川の伊藤です。
今回は、11月末に湘南海岸(花水川左岸)へ釣行して来ました。中旬頃より、良型がかなり釣れ始め、下旬には良型ばかりごっそり釣った方も居たとか?そんな話を聞いて行ってきました。

到着は少し遅めの7時くらい。海岸にはすでにたくさんのキャスターが竿を出していました。空いているところを探して、釣り座を確保。知り合いがいたので、釣況を尋ねると朝から良型が釣れているとの事。急いでタックルを準備します。ロッドは、遠くても5色以内だろうと想定して、キススペシャルFX+にフリーゲンをセット。ラインは、キススペシャルG5 0.8号、ちから糸1-7号をセットしました。テンビンは、タングステン素材L型ブラテン23号に、仕掛けは掛けキス6号ビーズ仕様10本仕掛けとします。海は、比較的澄んでおり、ビーズ仕様が効果出るかな?と期待してのチョイスです。エサは、ジャリメ(イシゴカイ)と岩イソメ(マムシ)の細めを用意しました。湘南方面の落ちギスには、この細めの岩イソメが当たりエサになることが多く、特に水温が下がってくる時期になると、良型ばかりがこの岩イソメばかりに喰ってくることを何度も経験しています。ジャリメの小さい個体は1匹掛け、岩イソメは5mm大の大きさで針にセットします。

まずは4色付近へキャスト。引いては止めの比較的早いスピードで探ります。ただし、止めのアクションを加えて、巻きっぱなしのようなリールサビキではなく、動かす、止めのアクションを付けて探ります。3色目のブルーが入ってきたところで、強烈なアタリが入りました!「グッグッ!グッグッングゥーン!」とロッドごと引っ張り込みそうな凄いアタリです。「あれ?セイゴか?」確かめたくて、すぐに巻き上げると22cmクラスGoodサイズです!
「おぉーファーストキャストからこんなサイズが来てくれるなんて最高です!嬉しい♪」
キススペシャルFX+、本当に良いロッドですね!もちろん他の号数も素晴らしいのですが、このFX+は、キススペシャル史上最高のロッドだと私は思っています。竿先が柔らか目に仕上げてあるのに、手元に伝わる感度は硬めの号数と変わらない感度で伝えてくれるのです。話が脱線しました!

次もすぐに同じようにキャストします。エサはジャリメを喰っていましたが、エサの配置は一緒にしました。岩イソメの匂いで寄せられ、ジャリメの動きで捕食スイッチが入ったのかも知れません。いわゆるリアクションバイト的な捕食かも知れないと考えたからです。アタリはすぐに入りました。今度はそれほど大きくはないようですが、連で来そうなアタリの入り方です。今度はそのままリールサビキで、仕掛けを伸ばすように張り、仕掛け絡みを防止します。15cm~18の6連で来てくれました。その後もなかなかの釣れ具合です。ただ時間帯によってはピンギスから小型のシロギスが多く掛かってくることもあるので、そういった場合は、距離を変えて、良型のついている距離を探ります。その際は、エサは大きめにして針数は8本に落とし、じっくりと止めの時間を長くして探ります。そうすることによって良型が反応してくれることが多くあります。良型が居なくなったのではなく、仕掛けを何度も通すことによって警戒心が増した可能性が高いのです。もちろん釣れる数は少なくなりますが、それでも良型を狙って釣るにはこういった方法が最善策と考えます。

効果があったのか?ポツポツですが、良型が反応してくれ、単発ながら釣れてくれます。結果、良型は30匹近くキープすることが出来、中小型のシロギスを合わせると、70匹近くクーラーに入っていましたので、昼前でしたが、気持ちよく湘南海岸の落ちギス釣りを終了しました。

湘南方面の落ちギス釣りもいよいよ、終盤戦になってきました!昨日釣れた場所では全くダメでも他の場所で釣れたりと神出鬼没なのが落ちギスの群れです。最新の情報や自分の勘を頼りに探すのも楽しみの一つです。皆さんも感染防止を万全にして、チャレンジしてみてください。もちろん国や県の行動方針に従ってくださいね。