フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.274 ~2019年千葉県・東条海岸釣行~

伊藤 幸一
伊藤 幸一
地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。
シマノ・インストラクター。
シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回・第34回 優勝。

皆さん、こんにちは。神奈川の伊藤です。
8月は、台風や猛暑ほか、色々な事情が重なり、なかなか釣行の機会が無かったのですが、最終週に釣りに行けるチャンスが巡ってきました。釣行場所は、この時期比較的安定して釣れるはず?の千葉県は房総半島です。まずは、近場の内房の海岸で竿を出してみます。海水浴のブイも取れ時期的には爆発的な釣果が出てもおかしくない条件です。

ロッドは、キススペシャルCX+をチョイスしました。遠投でも近投でもどちらにでも対応できることを狙っての選択です。リールは、私のお気に入りのキススペシャルコンペディション。ラインは、キススペシャルEX4 0.6号を巻いています。テンビンは、タングステンタイプの27号固定。仕掛けは、掛けキス6号ビーズ仕様8本針からスタートします。エサは、ジャリメを用意しました。期待の1投目を5色先へキャストしてやや早めのリールさびきで探ります。夏場の朝一なのでシロギスが居れば必ずアタックしてくるだろう?との考えからです。4・3・2色…。生体反応なしです(汗;)

場所移動しながら、必ずどこかにはいるはず?と信じて、場所移動を繰り返しましたが、釣れたのは当歳魚のイシモチのみ、マズイ…。すでに1時間以上経過していますので、さすがにこの場所には見切りをつけ、釣れている?の情報があった外房・東条海岸へ行ってみる事にします。

時刻はすでに8時を過ぎていたので、釣り人もまばらです。もしや?モーニングサービスはすでに終了したから釣り人が少ないのでは?少し心配になりながら準備します。タックル他仕掛け、エサも先ほどと同様で、3色付近へキャストして様子をみます。1色半から1色付近に深みがる様で起伏を感じます。掛け下がりを感じたところから、サビくスピードを緩めテンビンが掛け上がりに差し掛かるころ、「ツンッ!」と前アタリを感じます。一瞬、サビきを止めた瞬間!「グッン!グッグッ!」と外房特有のスピード感のある強烈なアタリを感じました。そのまま、仕掛けの移動を止めて追い食いを誘いますが、どうも同じ魚が暴れているだけなので回収すると19㎝の良型ですが、1匹だけでした。次はキャストの角度を少しだけ変えて同じラインを引かない様にします。同距離でアタリを捉えました。今度は2連です。アタリの入り方からするとそれほど、魚影は濃くない模様です。移動しながら群れを探します。アタリの有る距離は、2色半から1色付近なのですが、なかなか3連以上の連掛けはなく、1匹、2匹の釣れ方が大半です。19㎝前後で型も良いので、釣れないよりは良いですが、イマイチ面白みに欠けるので、近場のアタリも徐々に遠のき始めてきた頃から、遠投に切り替えてみます。

針数は8本のまま、タングステンテンビン30号へアップします。CX+ですので、いつものBXよりも垂らしを短くして、一気にロッドを曲げて振り抜きます!7色半先で着水。ラインスラッグを取っても7色先から引けます。CX+飛びますね!投げた感じもスパッっとシャープに振りきれているので、私には合っている硬さだと言えます。着底後、リールサビキで引き始めるとすぐにアタリがあります。7色目の青ラインですからかなり遠い距離です。アタリも良型を予感させる力強い感じです。「グッグッン!グッグッン!」と連続してアタリが続きます。「これは良い感じ♪」と独り言を言いながら6色から回収します。起伏の落差の大きい東条海岸ですから、リーリングテンションも大きく変化します。魚が外れてしまわない様に一定の回転スピード保つ様にハンドルを回しますが、そういった際にも、このキススペシャルコンペディションは強い味方になってくれます。HAGANEボディ、HAGANEギヤ採用で巻き上げ時の負荷でも歪まないボディ剛性のお蔭で、安心して長距離のリーリングが出来ます。

波口に力糸が見え、テンビン、仕掛けが砂浜に上がってくるのと同時に、良型のシロギスが見えました!5連です!良型の連掛けにテンションが上がります。次の投入でも6連。次も5連と絶好調になってきました!これ以上の連掛けを狙って、遅いスピードでサビくと数は変わらないままで、仕掛けだけがグシャグシャになってしまいました。このパターンは、活性の高い群れであるが、範囲が狭いため長い距離を、時間を掛けて引いても、仕掛け絡みを誘発するだけなので、1色程度引いたら回収するパターンの方が効率的です。その釣り方ですと投入回数が増え結果的に数も伸びます。

その後も順調に釣れ続け、フィクセル9Lも一杯になってきました!満タンではありませんが、鮮度の事を考えるとこれ以上、クーラーへ魚を入れるのは良くないし、これだけ釣れてくれれば十分満足でしたので釣りを終了しました。60匹程度、3kg弱のウエイトでした。