フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.265 ~2019年新潟県村松浜釣行~

伊藤 幸一
伊藤 幸一
地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。
シマノ・インストラクター。
シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回・第34回 優勝。

皆さん、こんにちは。神奈川の伊藤です。
今回は、6/8(土)に行われましたジャパンカップ投げ、新潟の村松浜予選に合わせて、スタッフとして前日入りしました際の釣行内容をご紹介します。

現地には、6/7(金)午前中に到着し、まずは村松浜のコンディションを確認すべく試釣を行いました。海岸の特徴は、砂浜はなだらかな浜相となっており、波口からの水深は浅く、遠浅の海岸です。日本海特有の湖のような静けさで、波は小さく超近距離まで探れそうなきめ細かい砂質で、適度に締まっており、歩きやすくキャストもし易い感じです。

早速、準備をします。用意したロッドは、キススペシャル405BX、リールはキススペシャルコンペディション、ラインは、キススペシャルEX4 0.6号、テンビンはタングステン素材の27号をセットしました。仕掛けは、曇天模様ですが、薄日が差してくる時間帯もあるので、攻めキス50連ビーズ仕様6号10本針とします。エサは、ジャリメ(イシゴカイ)のみ。

1投目をやや遠目の6色付近へキャストします。早めのサビキで海底の状態とシロギスの活性状態を探るようにしました。沖から100m付近までは、なだらかな起伏があるものの「ここは!」と感じる海底の変化が乏しい感じです。3色半付近(80m)で、シロギスらしいアタリが入り始めました。サビキのスピードを少し緩め、シロギスが追って来やすいスピードとします。2色まで引いて巻き上げるとピンギスから16㎝くらいまでの小型中心で8連です。
連で来てくれるので、楽しいのは楽しいのですが、私の場合、普段の釣りは基本、良型狙いなのでちょっと残念です。それでも湘南と比べれば全然良い釣れ具合ですから、贅沢言ってはいけないのかな?
試しに2色から手前、波口まで探ってみると連続してアタリがありますが、ピンギスでもかなり小さそうな魚信です…。巻き上げると、8㎝~10㎝クラス。ピンはピンでもかなり小さいので移動します。
ちょうど、風力発電の風車がある辺りまで移動して来ました。先ほどの場所と違って、波口から変化があり、期待できそうな雰囲気があります。テンビンを30号へチェンジし、更に沖へキャストしました。フォローの風にも助けられ、7色先へ着水。サビキ始めてすぐに、「グッグッ!ググッン」と良型を予感させるアタリが入りました!同行の仲間に、「遠くにも良いサイズの群れが居そうだよ!」と告げ、シロギスからの魚信で竿先が揺さぶられながらリールサビキを続けます。5色までサビいて回収のためリーリングします「あれっ?いくらなんでも重すぎるか?海草が付いてる?」なんて独り言を言いながら巻き上げると、18㎝、19㎝クラスが混じりながらの8連です。先ほどとは違い、重量感たっぷりの良型シロギスにやっと、新潟の海が応えてくれました!
「やったぁー嬉しい!」
思わず記念撮影(笑)

こうなってくると、もっと遠くへ投げたい!と、ハリ数を8本、ラインをキススペシャルEX4 0.4号へチェンジしました!
フォローの風に乗せフルキャスト!7色半先へ着水しました。ここのフォローの風は良く飛びます!7色目のブルーが入るころに、シロギスからのファーストアタックがありました。
少しだけ仕掛けの移動を止めて良型のアタリを待ちます。すぐに、「グッグッ、グッイーン」とキススペシャルBXの穂先を50㎝程引っ張り込む今日一番のアタリです。巻き上げると22㎝の良型シロギスに15㎝クラスのシロギスが入って4連でした。
楽しい♪
その後も小移動をしながら釣っていくと、小型キスが混じりながらですが5連~6連と順調に釣れ続きました

今度は、本部方向へ戻りながら波口を観察します。他の場所より変化が大きく、波元から水深が有りそうな箇所があります。タングステン半誘導テンビン27号へ変更し、試しに2色から波口まで探ってみます。1色半付近からテンションが抜けてきて、テンビンが滑り落ちてくるようなカケ下がりがあります。テンビンが海底最深部を過ぎる頃、「グッグッ!グッグッ!」と連続してカン高い感じのアタリです。半誘導テンビンとキススペシャルの高感度がマッチングした際にこう云ったアタリを感じることが多くあります。12、3㎝~18㎝クラスの10連です!
針掛かりの浅い小型キスは、魚に触らずに針だけ持ってリリースしました。もちろん砂浜に触れさせないことが前提です。皆元気よく泳いで戻って行ってくれました。

夢中になって釣っていると、そろそろ、大会会場設営時間が近づいてきましたので釣りは終了とし、若干、後ろ髪を引かれる思いで釣り場を後にしました。ぜひ、また来てみたいフィールドです。