フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.250 ~紀伊半島でシロギス釣り~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

新年あけましておめでとうございます。今年も各地での様々なレポートをお伝えして行こうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

昨年、師走に入り、寒さが少し収まった頃、紀伊半島方面にシロギス釣りに出掛けました。例年、年末年始にかけて、水温が高い紀伊半島方面ではシロギスが良く釣れ、良い日などは100匹を超える釣果もみられる程なんです。この日は、紀伊半島南東部の七里御浜からの竿出しとなりました。

キスが釣れていると情報は無かったのですが、「たぶん釣れるだろう…」という「だろう釣行」になってしまいましたが、おそらくある程度は釣れると思います。この日のタックルは、ロッドには低活性のシロギスに対しても前アタリがキャッチ出来る超高感度のキススペシャル405CX+、リールは小型で非常に使いやすいサーフリーダー CI4+30極細仕様をチョイスする事にしました。

サーフリーダー、今秋発売されたモデルなのですが、高級感があり、僕自身、とっても気にいっているんです。30mmという短めのストロークを採用している事により、非常にコンパクトに仕上がってるのも見逃せない点ですね。仕掛けには波打ち際でのショアブレイクがある程度大きかったので、波でシロギスが外れないよう、キープ力が高い掛けキスを、また、海水がクリアな事から、水中でキラキラ光ってシロギスを呼び寄せるビーズパターンを選択、6号サイズの50本連結を8本針にカットして使用する事にしました。

エサはジャリメの細い物の1匹掛けを使用。水温が高いハイシーズンにおいては、1センチ程度でも問題無いのですが、水温が低くなる晩秋以降は、エサを大きめにした方が効果があるからです。太陽が水平線から顔を出した頃には海岸に到着しましたので、昇りつつある太陽に向かって第1投します。とりあえずは、5色(約120m付近)にキャストし、テンションフォール。水深は5m近くあります。仕掛けをゆっくりとサビき、4色目のラインをサーフリーダーのスプールに巻きこんだ直後、竿先に小さなアタリを感じました。アタリからして小型ですが、1投目からシロギスからのアタリをキャッチした事で、それまでの不安が消えました。「今日は釣れるぞ!」と…。

とりあえずはシロギスの活性を調査するべく、アタリがあった後は仕掛けをステイさせます。すると、2回、3回と竿先にアタリが出ます。サイズは小さいですが、ひとつあたりの群れは大きそうです。仕掛けを完全にステイさせた後、仕掛けを回収すると、10~13センチの小型ですが、7連で掛かって来ました。うち1匹はハリを2本飲み込んでいたので、シロギスの活性は高そうです。

アタリがあったエリアは、ちょうど海底の砂の粒子が粗い砂から細かい砂に変わるところ。超高感度のキススペシャルゆえ、海底の変化をいち早く把握出来、1投目から効率の良い釣りが展開出来ています。勿論、2投目からも同じエリアを徹底的に攻めてみる事にします。2投目以降も素針無く5連6連と釣れてくるものの、いかんせん小型が主体です。ここで100m程右側に釣り場を移動し、少し遠めの6色付近から探る事にします。ここでは全くアタリが無かったものの、3色付近の小さいカケアガリ付近で、ゴンッという前アタリをキャッチ、直後、CX+の竿先が数十センチ引き込まれました。「お~これはエエ型や!」と思わず声が出ます。引き続きの追い喰いを期待すべく、仕掛けをステイさせていると、同様に2度、3度と竿先が引き込まれます。巻き上げてみると、仕掛けが絡んでいるものの、20センチオーバーの3連!居るところには居るんですね、良型が…。

続くキャストは、勿論同じポイントにキャストしますが、残念ながら後が続きません。そこで、再び100m程、場所移動します。ここでもなかなか良型は姿を見せてくれませんでしたが、2連が2回あり、20センチクラスが7匹になったところで、他の場所もまわってみたいとの思いで、ここではストップフィッシングとしました。もっと粘れば、数も釣れ、20センチオーバーも釣れたのでしょうが…。それからは新宮方面、那智勝浦方面と探るものの、潮が低い影響なのか、パラパラ程度しか釣れて来ません。となると、少しでも水深のある場所で…と、串本方面で竿出しする事にします。ここでは小型のカワハギが小気味良いアタリで歓迎してくれたものの、シロギスはイマイチ…。「こんな事なら、七里御浜でもっと粘ってた方が良かった…」と後悔するも後の祭り。それでも、数では100匹程釣れ、穏やかな小春日和の中、思う存分、シロギス釣りが堪能出来た、とても楽しい1日でした。