実釣その他魚種

  • カワハギ実釣
  • マルイカ実釣
  • マルイカ実釣
  • その他魚種

Fishing Report 2018 12/18 飯田 純男

早いもので2018年も終わりを告げようとしている時期となりました。
関東地方も寒さを増して防寒ウェアが頼りになる季節到来とともに魚たちは脂がのり最高の季節です。

シマノインストラクター飯田純男です。

今回はシロギス釣りです!
初心者も手軽に楽しめてシーズン通してシロギス一本のベテランもいます。

釣り方は大きく分けると天秤と胴突きの二タイプあります。

今回は胴突き仕掛けを推奨している『長崎屋』さんから出船しました。

長崎屋さんは自分が15歳の時、初めて一人で釣船に乗った船宿さんで自宅から数分のご近所さんでもあります!

船宿受付を済ませてから港へ移動します。

仕掛けは間違いなく船宿オリジナルをお薦めします。
一本鈎と二本鈎があるので可能なら二タイプ用意しましょう!ただし、受付の大船長にお薦めを確認しましょう。
あと、氷も受け取ります。

港に着いたらスタッフに船の確認をして釣座確保して釣りの準備をして出船を待ちます。

エサ付けは船長から説明があると思いますがわからない場合はスタッフに確認して下さい。

このエサ付けが釣果に差が出ます。

基本は頭を付けたまま口から鈎を入れてアオイソメの背側か腹側にチョン掛けします。左右に出すとエサの落下や回収時に回転してハリスがヨレます。
頭を切らない理由は活きの良さです。
長さは5cm前後です!大きいものはカットして残りはエサ箱に入れると他のエサが弱るので分けておきましょう。
シロギスの喰いが落ちたらカットした柔らかい部分を使うと鈎掛かりが良くなります。

釣り方は船の下でもキャストでも可能です。天秤仕掛けはミチイトを張らないとアタリの伝わりが遅れますが、今回の胴突きはミチイトを張るとアタリがダイレクトで吸い込みが悪くなるので状況に応じたイトフケを出して釣ります。

アタリの取り方はオモリが着底したら約10秒ほどカウントして聞き上げながらアタリが無ければオモリを跳ねあげて移動させます。この繰り返しが誘いになるのでテンポよく釣ればシロギスが応えてくれますよ!

シロギスは食の楽しみもあります。

刺身や昆布締めは釣り人ならではです。
そして、テッパンの天麩羅も最高です!
シロギス天丼などもお薦めです。

冬休み、ご家族、お友達と楽しんで下さい。

—————————————-
タックルはキス竿でスピニングリールの2500番前後でラインはPEラインの0.6号、0.8号、1号ぐらいを巻いていれば大丈夫です。