フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.241 ~ 2018年8月 北陸釣行 ~

伊藤 幸一
伊藤 幸一
地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。
シマノ・インストラクター。
シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回・第34回 優勝。

皆様、こんにちは!神奈川の伊藤です。今回は、毎年恒例の夏の北陸遠征釣行へ行って来ましたので、その時の模様をレポート致します。

仲間の仕事終わりを待ってから、湘南の自宅を出発したのは、夜中の24時過ぎになりました。さぁー楽しみにしていた北陸遠征です。ガソリンも満タンにして、ナビをセットしていると、「ガァーン」いきなりの渋滞マークが…。
各地方へ向かう主要高速道路はのきなみ渋滞しています。予定していたルートを諦め、迂回して向かいます。時間的ロスが大きく、現地の石川県・千里浜へ到着できたのは、朝7時頃になりました。

釣友が、先に到着しているようで、結構釣れますよ~♪との事なので、同行の仲間は、ニコニコ顔で我先にと急いでタックルを用意しています(笑)私も遅れずに準備します。この日のために用意してきたのは、超楽しめて、超高感度のロッドキススペシャルFX+です。リールはキススペシャルコンペディションを組み合わせます。やっぱりキススペシャルにはキススペシャルのコンビですよね♪仕掛けは50連結攻めキス6号と自作の掛けキス6号無限仕掛けを用意しました。

まずは、攻めキス10本針で様子を見ることにします。エサは、東京スナメ(チロリ)、ジャリメ(イシゴカイ)を使用します。それぞれ5本ずつセットします。ジャリメは、1匹丸ごと針に刺しました。

FX+ですので、垂らしは短めにして、波打ち際へテンビンと仕掛けを置きます。振り始めの最初から強振せず、FX+の穂先が十分に曲がったところから、スイングスピードを速めます。そのまま、空中へ放り投げるようにロッドを振り、やや高めの弾道となるようにしました。それほど力を入れていませんが、5色を軽く超えていきます。この程度の力で軽く飛んで行ってくれるロッド、キススペシャルFX+。あらためて、完成度の高さを実感します。

着水後は、急いでラインスラッグを巻き取ります。千里浜海岸は遠浅なので、そのままにしていると仕掛けが、テンビン周りや力糸に乗っかってきてしまい絡んでしまう事があるのです。

まずは、仕掛けを伸ばすようにサビき始めます。仕掛けが落ち着いたのかアタリは、すぐに出ました!そのままスピードを変えずにアタリが続いても同じリズムでリールのハンドルを回します。このFX+、穂先は、軟らかく仕上げてありますが、ただ、軟らかいだけではないのです。通常FXクラスですと、海底の凹凸毎に、お辞儀をしてしまい、乗り越えるときには、さらに竿先がお辞儀をして曲がり、乗り越えた途端に、ビューンと戻ってくるので、すごく引きづらいのですが、このキススペシャルFX+は腰のある穂先とでも言いましょうか、「軟らかいのに腰がある」言葉で表現するとこんなイメージになりましょうか。本当に釣っていて、楽しいロッドです。

ちょっと脱線しましたが、そのまま4色までサビいて巻き上げると、16cm~18cmクラスの7連です。型も小さくないので、アタリも楽しめます。結構良いアタリが続きました。

その後も順調に釣れ続きますが、同じ場所でやっていると型が小さくなってくる感じです。少しずつ移動しながら釣っていくと、良型も顔を出してくれます。だいぶ数も釣れたので、もっと遠目を攻めてみようと、針数を6本まで落として、テンビンも25号にアップします。ちょっと、FX+では、6色先は無理かな?と思いつつ、先ほどよりも強めにキャストします。6色どころか7色目のラインもほとんど出ていく勢いです。

多少フォロー気味に風が吹いているとはいえ驚きの飛距離です。

ラインスラッグを取り、サビき初めは6色半付近から探れました。近めと違い、アタリがすぐに無いので、リールサビキでは無く、止めの時間を作った引き方としました。6色目のラインが竿先へ来た頃、良型を予感させる前アタリをFX+の竿先が捉えました!「クックッ」と竿先を押さえ込む様な前アタリです。5秒ほど、仕掛けの移動を止め、動かそうとした瞬間!「ドッドッーン!」「グィーン」とFX+の穂先が1mほど引っ張り込まれます!思わず「おっーマジかぁー」「すげーアタリ!」と周りに宣言しながら?(笑)巻き上げに入ります。綺麗な水色の波打ち際から姿を見せたのは、25cmを超えていそうなシロギスです。計測すると25.5cm。綺麗な水色と綺麗な砂のお蔭で、パールピンクに淡い紫を纏ったような魚体の美人さんです(雄か雌か分かりませんが…)記念にカメラに収めました。遠目で釣れたことから、仲間たちもその後は遠投し出して、数は少ないものの、20cmクラスがヒットしてくるので、皆、楽しそうです♪

そうこうするうちに、私のロッドにまたもや強烈なアタリが来ました。「おっーまたキタァー!」今度は、仕掛けは絡んでもいいから、仕掛けを止め、連掛けを狙ってみます。仕掛けを止めている最中も強烈なアタリが2度3度と続きますが、FX+の穂先が難なくいなしてくれます。巻き上げると23cmと20cmの2連と中型のキスの4連でした。初日はこれを最後に少し早いですが、移動の疲れも残っているので、ストップフィッシングとし予約しているホテルにチェックインしました。