フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.239 ~久しぶりの鹿児島~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

7月下旬、数年振りに鹿児島県・薩摩川内市でキス釣りをする機会が訪れました。薩摩川内市の海岸では過去に何度も竿を出した事がありますが、真夏なのにそれ程暑くない快適な気候と、キスの多さに、毎回釣行の度に癒されています。この日もキスが数釣れているとの情報で、期待しての竿出しとなりましたが、台風が通過した余波の影響で、波・ウネリが高い状況。一抹の不安を感じながら、とりあえずキャストしてみる事にします。

キススペシャルCX+&スーパーエアロキススペシャルのコンビに、海水の色が比較的クリアな事から、水中でビーズがキラキラ光ってキスを呼び寄せてくれる攻めキス50連結仕掛け 6号のビーズ仕様をチョイスします。まずは様子見という事で、5本にカットして使用します。キスにアピールする為に、細めのジャリメを1匹刺しする事にしました。ここ最近は、2色から手前で釣れているという事なので、3色付近にキャストし、ゆっくりと仕掛けをトレースします。いかにもキスが居そうな、いくつかのカケアガリをキャッチするものの、全くキスからのシグナルはありません。「おかしいなぁ~…」。砂浜を歩き、足で釣る作戦に出ますが、予想に反して、なかなかキスに出会えません。1キロ以上歩き、大きく張り出した岩場の裏側に波が殆ど無い場所を見つけました。とりあえずキャストする事にします。2色、1色と探ってみますが、やはりアタリはありません。半ば諦めかけた力糸が海面から上がった頃、CX+の竿先に明らかにキスとわかるアタリが出ました。「ここに居るのか~」と、続くアタリに期待していると、2回3回と同様のアタリが出ます。アタリからして小型では無い様子。5回アタリをキャッチしたところで仕掛けを回収します。アタリがあったポイントが近いので、すぐオモリが波打ち際に上がって来ました。16~18センチのまずまずサイズが5連で上がって来ました。数時間振りにキスに出会えました!それも5連パーフェクトです。どうも波裏にキスが溜まっているようで、それからは毎投パーフェクトを達成する事が出来ました。

ここで潮が変わり、砂浜全体の波とウネリが小さくなりました。そこで、先程目をつけていた離岸流が発生している場所に移動する事にします。1キロ以上歩き、海岸に目印を付けた場所に戻って来ました。4色付近にキャストし、ゆっくりと仕掛けをトレースすると、2色付近のカケアガリで大きなアタリが出ました。カケアガリの幅が狭いので、仕掛けを動かさず、ステイさせます。すると、2匹、3匹と針掛かりする様子が手に伝わって来ます。ここでも5回アタリをキャッチしたので、仕掛けを回収。再度5連掛け達成です。ここで少し欲を出し、針数を5本から8本に増やしてみます。同様のポイントを攻め、最高7連掛けまで達成出来、そこそこ数も釣れたので、満足して納竿する事にしました。同じポイントでも、潮の状況によって、「釣れる」「釣れない」がはっきりするので、一度目を付けたポイントは、何度も攻めてみる価値がありますね。その事を再確認する事が出来た今回の釣行でした。