フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.226 ~鳥取県・島根県釣行~

伊藤 幸一
伊藤 幸一
地元 湘南の浜を中心に全国を釣り歩くトーナメンター。
シマノ・フィールドテスター。
シマノ ジャパンカップ 投げ 第26回・第29回 優勝。

皆様、こんにちは。神奈川の伊藤です。今回は、恒例の年末年始釣行へ行ってきましたので、簡単にレポート致します。

神奈川の自宅を出発し、湘南の仲間と5人での釣行です。
 皆、この年末遠征を楽しみにしていたようで、車中テンションが異常に高かったのが印象的でした。
東名、名神、中国道ともに通常より通行車両が多かったものの、大きな渋滞に嵌ることなく米子道に入りました。さすがにここまで来ると降雪に見舞われましたが、無事第一の目的地、蒜山SAに到着。
ここで魚冷却用の雪を大量に調達し、目的地のフィールドへ到着しました。
すでに到着している釣友に状況を伺うと、釣れるがあまり大きくは無く19センチまでとのこと。
 去年の同時期には、遠投で20センチオーバーを含み、3連、4連と釣れたので、まずは竿を出すことにしました。
 使用するタックルは、スピンパワーSC 405AXにリールはキススペシャルコンペディション、ラインはキススペシャルEX4 0.6号250mを用意しました。テンビンは固定L型30号に、スナズリはフロロカーボン2号60cmテンビン直結。
攻めキス 50連結仕掛け グロー留め6号で4本取り出し、セットします。エサはジャリメ(イシゴカイ)、青イソメを交互に付けてシロギスの反応を見る作戦です。
早く釣りたい気持ちを抑え、ストレッチをして体をほぐします。

1投目を7色付近へキャストします。着底してから潮に流される分のラインスラッグをゆっくりとりながらアタリを待ちます。半色ほど探ったところで、大きくは無いですが「グッグッ」と竿先を押さえ込む様な魚信を感じました。
 そのまま、1分ほど仕掛けを止めてから巻き上げに入ります。リーリングには、まずまずの負荷がキススペシャルコンペディションのハンドルに掛かっています。残り2色ほどのところでテンビンと仕掛けが水面へ浮上しました。
「おっ!いきなりの3連!」
無事に取り込んだのは、18cmクラスの3連でした。
まずは、鳥取のシロギスに会えたことを喜びます。
次の投入でも同距離でアタリがあり、16cmクラスをキャッチしました。
「えっ小さくなった?」
あまり良い傾向ではありません。2~3投毎に投点をずらしながら探ります。
20cmクラスが入りません。良くても19cm止まりです。
それでもお昼頃までには、15匹くらいは釣れたので、時期を考えたら上出来です。
昼食を挟み、午後からは地元の釣友が案内してくれると言うのでそちらへ移動します。案内いただいたフィールドは外海側になり、潮通しが良さそうで、回遊魚を狙うルアーマンが多く竿を出しています。回遊魚狙いのルアーマンから距離を取って釣り座を構えました。

こちらでは、それほど遠くない距離でアタリがあるとの事なので、ロッドをスピンパワーSCから、スピンパワーBXに変更します。リールは、遠投近投どちらでも扱いやすいフリーゲンを使用します。ラインは、キススペシャルEX4 0.8号を使用します。テンビンは、ブラテンL型28.5号に仕掛けは変更無しの5本出したところでカットして使います。
 まずはジャリメ(イシゴカイ)を1匹付けにして6色付近へキャスト。こちらは水深があり着底までに時間が掛かります。ここは、多少、障害物があり根掛かりが少しあるとの事なので、あまりサビかずにかけ上がり、もしくは障害物の感触を感じたらそこで仕掛けを止めてアタリを待ちます。

6色のライン(オレンジ色)がリールスプールに入ってきた付近で、すぐにアタリがありました。「グッグッ!グッグッン!」と力強いアタリをスピンパワーの穂先が捉えました。
ちょっといいアタリです♪
巻き上げに入ると、なかなかの重量感と魚が暴れている感触が伝わります。
「バレるなよぉー」と独り言…。
水面に現れたのは、かなり大きい!
27cmを超えていそう?
そのまま水面からリフトアップし、無事キャッチできました!

もっと大きいか?と思いましたが、スケールをあてると27cmを切っています。
あれー?
そう、かなり肥えた立派な魚体なので、すごく大きく見えます。でもこの素晴らしいコンディションのシロギスに会うために遠征に来たので、十分満足できる魚です。
その後は、これ以上のシロギスは出なかったものの20cmオーバーがかなり釣れましたので、湘南から同行の仲間も皆、大満足な初日の結果となりました。
 二日目に続く。