実釣その他魚種

  • カワハギ実釣
  • マルイカ実釣
  • マルイカ実釣
  • その他魚種

Fishing Report 2017 6/6 池田 暁彦

天候    雨のち晴れ

ターゲット スルメイカ

船宿名   長井 光三丸

使用ロッド バイオインパクトXヤリイカ180

使用リール ビーストマスター3000XS

PEライン   Mster Ship船

仕掛け   直結13本

幹糸    下6本7号 上7本8号

オモリ   120号

______________________________________________

6月6日 長井 光三丸さんからスルメイカ釣りに行って来ました。

朝の内は小雨パラパラで肌寒い陽気でイカ日和でした。

お客さんの中には半袖 短パン サンダル姿の方もいらっしゃいました!

6月の梅雨入りまじかのこの時期は朝 夕は寒いので一枚多めに着ていくのが良いと思います。

今日は久ぶりの一人釣行なので、集中してイカに向かい合いその場そのの時の状況判断。

特に船長の指示ダナの、どのタナで仕掛けを止めるかが難しい所です。

友達と一緒だと乗りダナを教え合ったり出来ますが、探見丸を一日見ながらの釣りになり結果から言うとベイト反応の下から攻めた方が多点掛けになる事が多かったです!

この時期の少し可愛いサイズのスルメイカは、柔らか目のロッドが多点掛けし易い様なので、バイオインパクトXヤリイカ180&ビーストマスター3000XSを使ってみました。

朝一105メートルからスタート!

船長の指示ダナは70~90メートル、55mでイカの触りが糸に出て57mでストッップすると、即アタリで電動7で追い乗せを狙い10メートル巻いた所で14に変更するとドスンと重みが来て残り20メートルで1杯バレた感じでしたが、2ハイゲットからスタート。

電動7のスピードでズル巻きで追い乗せを狙う時、モヤモヤ穂先にアタリが出た時に、ロッドを20㎝くらい持ち上げると確り掛かりバラシが減る気がします、(軽く合わせを入れる)これは柔らか目のロッドを使っているとカンナが刺さりにくくツノを抱いて鈎に掛かって無い事が多いようです。

(前半離されてバレたのが多数ありました)

最近はベイゲームXヤリイカ155をスルメイカ釣りに使用することが多く、

このロッドは全体にシャキッとした感じで、切れのあるシャクリも可能なので、ヤリイカ用のロッドですがスルメイカにも十分使えるロッドだと思います。(ズル巻きだけで鈎に乗りました)

追い乗せを狙うスピードは、今日は7が良い感じでしたが、日によってスピードが変わり、このスピードを見つけるのも釣果に差が出ます!

私は、6~10のスピードで探しますが、過去に14で連発もありました。

9時半の時点でイカ暖簾に近づいて来ましたよ~

9時過ぎに潮止まりで乗りが悪くなりましたが、10時を回ると良い反応多数で4点 5点掛けなどもあり、ここからラストまでは止まれば乗る2回落とせる流しもあり最高に楽しめました!

前半に追い乗せで何点か乗って居るのに、鈎が刺さっていないで小さな吸盤だけ残して、バレてしまったのが悔やまれますが    63杯ゲット!

楽しかった~

この時期は、水深も浅くヤリイカロッドで十分楽しめます!

最初はツノ数を少なくしてチャレンジすれば、トラブルも減りアタリも分かり易いと思います、スルメイカが乗ったドスンと来る重み快感ですよ

是非、この時期にチャレンジしてみて下さい。楽しいですよ

光三丸の船長&奥さん、ありがとう御座いました。

お疲れさまでした。