フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.185 ~今年も好調!自宅前~

岡野 宣也
岡野 宣也
兵庫県淡路島在住。
島全体が投げ釣りの好ポイントでシーズンにあわせてカレイ、アイナメからキスの引き釣りまでオールラウンドにこなす。
第9回ジャパンカップ投釣り選手権大会優勝選手。

自宅前の浜で8月中頃から5~6色で釣れていたキスが2色以内で釣れ出したと聞いて、早速行ってきました。タックルはNEWキススペシャルFX+(並継)、スーパーエアロ キススペシャル(スタンダードオシュレーション搭載モデル)。仕掛けは、攻めキス6号8本鈎グロー留め、エサは石ゴカイで夜明けの6時から開始しました。2色半に投げ、やや速めに巻きながら、キスの居場所をまずは探すことに。すると1色手前でFX+の竿先が大きく引き込まれ、早速キスからのアタリが連発!波口までスピードを変えずに速巻きで、18cm前後の型の3連!居場所が判ったので、今度は1色半くらいに投げて、先ほどよりもゆっくり巻いていると、FX+の竿先が何度も何度も引き込まれ、たまらずあげてみると、先程よりも大き目の型が5連できました。その後も5~6連で釣れ続け、スタンダードオシュレーション搭載モデルで軽めの錘でもノントラブルで約一時間で50匹を超える釣果!1色から波口まですごく浅いところで、場所移動もすることなく釣れ続けました。7時を回ったころから、釣れるキスはパラパラ、そして型も小振りに、加えて、エサ取りの猛襲!FX+の竿先に伝わるアタリの違いでキスの居場所を探し、ポイントを絞り、ピンポイントでのキス釣り。後半は苦労しながらの釣りで約80匹の釣果でした。夜明けから約一時間の時間でしたが、楽しいキス釣りが楽しめました。昨年のような大型キス(28cm)はまだ釣れておらず、今からかもしれません。