フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.180 ~番外編・投弁天炸裂中!~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

私の地元である大阪湾では、現在タチウオが釣れ盛っています。今年は数年振りの当たり年では?と、各釣り場は連日大盛況です。

今年、大阪湾でのタチウオの釣れ出しは早く、7月から釣果が見られ、8月にはムラもありましたが1日数十本という釣果情報も入って来ました。思わぬ早い釣れ出しに少し出遅れた私ですが、ここ最近、週3~4日のペースで夕マズメの数時間、釣行しています。
今期、私のマストアイテムは先月発売された「投弁天」。左右に大きくダートするワインディングプラグなのですが、この「投弁天」が今期、爆発的な威力を発揮してくれています。良い日などは、数十分の短時間に2ケタ、また、今のところの最大は、115センチ(指5本サイズ)というドラゴンも仕留める事が出来ました。発売前のテスト段階では、今まで私のマストアイテムであった「太刀魚ゲッター 時短テンヤびりびり」を超える釣果を叩き出し、唖然とした事もありました。この「投弁天」、基本的にはエギをしゃくるような動作でワインディングさせ、タチウオを誘って喰わせるのですが、活性が高い日などは、フォール中にタチウオがロッドを引ったくっていく程です。これにもまたまたビックリさせられました。カラーローテーションに関しては、半夜釣りの場合、日が高い明るい時間帯はシルバー系を、夕マズメ以降はグロー系にシフトする事がおススメです。また、全アイテム、ケミカルライトの25サイズ(別売)が差し込み可能ですので、夜明け前や日没後、また、潮に濁りがある時には、ケミカルライトの装着が有効です。これも便利な機能ですね。重さの選択ですが、遠投が必要な状況や潮流・風が強い状況では、28gか35g。喰いが渋い状況や遠投の必要が無い場合では、21gか24gという選択が良いでしょう。この「投弁天」の詳細、また、水中でダートする動画は、シマノHP内で紹介されていますので、是非ご覧ください。

私が普段大阪湾で使用しているタックルですが、ロッドは、遠投が出来て操作性の良い、また、指5本サイズのドラゴンが来ても一気に抜き上げる事が出来るパワーを兼ね備えている「AR-C XX S808L」、リールは、ハンドル1回転の最大巻き上げ長が99センチと、ワンピッチジャークに適している「ツインパワー 4000XG」を使用しています。これからの大阪湾、タチウオと同時に陸っぱりから青物(メジロクラス)や、サワラ(80センチオーバー)が狙えるのですが、このタックルコンビなら、そういう大物にも余裕を持って対応出来ます。陸っぱりで狙う事が出来る全ての対象魚をカバー出来るアイテムなんです。これから秋が深まりますが、天候の良い日には引き続き、週3~4日ペースでの短期決戦で「投弁天」にて、思う存分秋の大阪湾を楽しみたいと思います。皆さんも是非、「投弁天」で、今が旬のタチウオをゲットしまくってください。私のイチオシアイテムです!