フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.173 ~鳥取県境港市でのキス釣り~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

梅雨真っ只中。たまに梅雨の晴れ間があるものの、曇りや雨の日が多く、なかなかすっきりした天気に恵まれません。「曇り」という微妙な天気予報の中、鳥取県の最西端、境港市への釣行を決定しました。狙いは勿論キス。
砂浜で数を釣り、護岸で大型狙いという非常に贅沢な目論みです。未明に現地に到着。少し仮眠する予定でしたが、なかなか寝付けません。キスの事が気になっていたからでしょう。

うとうとしたものの、殆ど寝ないまま、第1投目のキャストをする事になりました。ちょうど朝日が水平線から姿を見せた頃でした。今回のタックルは、NEWキススペシャル405CX+&スーパーエアロキススペシャルの超軽量&超高感度コンビです。期待しながらフルキャストし、ゆっくりと海底をトレース、カケアガリに仕掛けを置きます。と、いきなりCX+の竿先が数十センチ引き込まれました。仕掛けにはキスがエサを吸い込みやすいよう、「攻めキス」5号のグロー留パターンの8本針を使用していましたが、その甲斐あって、2匹目・3匹目と順調に針掛かりしているようです。数回、大小のアタリをキャッチした後、仕掛けを回収すると20センチを超えるサイズから10センチ程度の小型まで、色々な.サイズが6連で掛って来ました。キスの数は多いようです。今度は50m付近にキャストし、近場を探る作戦とします。少し深い場所を探りますがここもキスが多いようです。5連でしたが、型は1投目とほぼ同じ。再びフルキャストする事にしました。NEWキススペシャル、遠投→近投→遠投というキャストの度に狙う距離を変えても、狙ったポイントにキャスト出来、ミスがありません。さすが「投点自在」を謳ったロッドですね。それからというもの、どの投点でも同様のサイズが釣れ続き、ピンポイントな場所が把握出来ないまま、ここでの釣りは終了。

北上して護岸での釣りにて大型を狙う事にします。ここでは大型のみに的を絞って、仕掛けには「掛けキス」6号の3本針、海水に若干の濁りがあるので、ここでもやはりグロー留パターンを選択する事にしました。とりあえず150m付近にキャストし、仕掛けを海底まで沈めます。潮はゆっくりと満潮に向かっており、ジワーッと潮下に仕掛けが流されます。半色(約13m)ほど仕掛けを引いたところで、いきなり「ギュィ~ン」とCX+の竿先が引き込まれました。「まさか1投目にアタるとは・・・」上がって来たのは狙い通りの大型。27センチのナイスサイズでした。続く大型に期待しますが、この日はなぜか22~23センチ止まりが多く、目論みどおりにはいきません。満潮の潮止まり直前に再び大きなアタリで25センチが来ましたが、それを機にアタリが止まってしまいました。潮止まりの間はアタリが無いと判断。お昼寝の時間とします。そして、潮が下げにかかった頃に再開しますが、イマイチ型が良くありません。素針が出始め、小型が多くなったのを機に納竿としました。

早朝の釣りから夕方まで、思ったほどの型には恵まれませんでしたが(それでもフィクセルサーフ120は、ほぼ満タン)、天候にも恵まれ、のんびりとキス釣りが楽しめた1日でした!