フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.167 ~GW前半にキス釣り~

岡野 宣也
岡野 宣也
兵庫県淡路島在住。
島全体が投げ釣りの好ポイントでシーズンにあわせてカレイ、アイナメからキスの引き釣りまでオールラウンドにこなす。
第9回ジャパンカップ投釣り選手権大会優勝選手。

淡路島でもキスが釣れている情報があちこちから聞こえてくる中、GW初日に津名港内で竿を出してみました。NEWキススペシャルFX+(並継)、スーパーエアロ キススペシャル(スタンダードオシュレーション搭載モデル)、掛けキス6号5本針グロー留め、エサは石ゴカイで挑戦。早朝から季節が逆行したかのような北風の吹く寒さの中、キスが釣れるだろうか?不安の中、100m付近にキャスト!一色ほどさびいた時、キスと思われるかすかなアタリ。しばらく仕掛けを止めて待つと、FX+の竿先が大きく曲がり、リールを巻く間もキスが暴れる様子が竿先から伝わり、いきなり21cmの良型。その後も同じポイントでピンを含み、9匹の釣果を得ることができました。FX+のロッドがピンキスのかすかなアタリも的確に伝えてくれ、スタンダードオシュレーション搭載のリールは、軽めの錘を使用して、短いキャストを数繰り返すような釣りでもトラブルを気にすることなく、釣りに集中できました。

 二日目は南淡路方面に出掛けました。タックルは同じですが、ポイントが少し遠く150m手前からの釣り。錘を23号、仕掛けを3本バリにしての釣りとなりました。潮の流れが止まると全く喰わなくなるポイントで昼までが勝負!一投目、二投目まで、アタリが無く、キスはまだ早いのかと思っていると、三投目70mくらいまでさびいてきたところで、いきなり強烈なアタリが!FX+の竿先が大きく引き込まれながら、上がってきたのは昨日のキスを上回る良く肥えた22.5㎝のキス。シーズン最初から20cmオーバーの連発!昨日はツ抜け寸前で終了でしたが、今日はツ抜け目標に、その後も100m前後で20cmオーバーを含む13匹。20cm前後のキスが思いのほか釣れ、いいスタートが切れました。