フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.147 ~ライトタックルで良型狙い~

岡野 宣也
岡野 宣也
兵庫県淡路島在住。
島全体が投げ釣りの好ポイントでシーズンにあわせてカレイ、アイナメからキスの引き釣りまでオールラウンドにこなす。
第9回ジャパンカップ投釣り選手権大会優勝選手。

11月に入りキスのトーナメントも終了!いよいよ待ちに待った良型狙い。今回は淡路島西海岸の漁港へ出撃。
投点は港内の3色以内の水深の浅いポイント。タックルはスピンパワー385FX+、スーパーエアロサーフリーダーCI4+30、道糸はスピンパワーEX4 PE2.0号、錘は18号。多点掛けは難しいので、掛けキス投げ仕掛けのグロー留め5本鈎6号に、餌は石ゴカイと青イソメを使用しました。正午前から日没までの長時間の釣りとなるので、のんびりと行こうと思ったら一投目から「ギュイーン」とキスのアタリが。竿先をゴンゴンと震わせながら上がってきたのは、良く超えた20センチの綺麗なキス!その後も、単発ながら同サイズがコンスタントに釣れました。15時を過ぎたころに、竿先が50センチ以上引き込まれる強烈な当たり!軽く合わせると、ゴンゴンとフッキングしたキスが暴れているのが伝わってきました。上がってきたのは22センチを超える綺麗なキス!20センチ前後のキスが釣れている中で、アタリは判らなかったのですが、リールを巻くと何か魚が付いているようで、近くまで寄せてくると、横に走らず底に。何と上がってきたのは、良く肥えた25センチのマコカレイ!385FX+のロッドを良くしめこんでくれて、キスとは一味違った引きを楽しめました。波止際の、捨石手前で仕掛けを止めて待つと、竿先を一気に引き込む強烈なアタリがあり、フッキングしてからロッドに伝わる暴れているキスの動きで、竿を持つ手にも自然と力が入りました。上がってくるまでどんなキスが釣れているのかワクワク!やっぱりこの釣りは楽しい!ライトタックルでポイントを正確に攻めて、この日は20センチ前後のキスを30匹以上、小型のキスは一桁という成績でした。

翌日も釣行してしまい、26センチ弱を頭に20センチオーバーを20匹弱、40センチのセイゴ、小型のキスが10匹余りの、食してうれしい釣果になりました。この日は釣り場に多くの釣友も来て、女性の方で27センチ弱の綺麗なキスを釣りあげた方もいて、皆さんそれぞれ良型を釣りあげていました。
例年通りなら、11月いっぱいはこのような釣果が淡路島のあちこちの漁港で続くと思います。