フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.142 ~淡路島北部のキス釣り~

岡野 宣也
岡野 宣也
兵庫県淡路島在住。
島全体が投げ釣りの好ポイントでシーズンにあわせてカレイ、アイナメからキスの引き釣りまでオールラウンドにこなす。
第9回ジャパンカップ投釣り選手権大会優勝選手。

先日、日置さんのキス釣りに同行させていただき、淡路島南部に釣行しました。
今回は、淡路島北部で好釣果が続いている釣り場に行ってきました。投点は50m前後までで、てんぷらサイズが主体。束釣りも期待できるとのこと。

ロッドはNEW キススペシャルCX+、リールはスーパーエアロキススペシャルコンペエディションに、ラインはスピンパワーEX4PEの0.8号を選びました。仕掛けに、朝方は掛けキス6号の8本鈎グロー留め、陽が上がってからはゴールドビーズ&パールホワイトビーズと使い分ける作戦で、7時過ぎからスタート。活発にキスがアタックしてくると思っていたのに、どこに投げてもキスの反応はなく、時折チャリコ、ノドグサリが釣れるだけで不安が募りました。やっとキスが釣れ出したのは30分以上経過してから。1色付近で、いきなりCX+の竿先を鋭く引き込むアタリが連続!しばらく我慢してあげてみると17㎝前後のキスの4連掛け。その後は同サイズを中心に連掛け。キスの活性も高く、外道が時折顔を見せる中で、鰤の幼魚のツバスやキュウセンベラの20㎝前後がロッドを激震!
そんな中6号鈎仕掛けに、波口で7㎝前後のキスが多点掛かり。対応力の凄さに感心しました。束釣りも達成した終了間際には、本日最大の23㎝の良型キスが掛かり、楽しい釣行となりました。
キスの活性は、朝方は水温が低かったせいかイマイチでしたが、陽が上がってからが良くなりました。まだまだ抱卵したキスが多く、天候さえよければ好釣果が望めそうです。