実釣マルイカ

  • カワハギ実釣
  • マルイカ実釣
  • マルイカ実釣
  • その他魚種

Fishing Report 2015 6/20 N.T

【釣行者】N.T
【船宿】勝山 萬栄丸
【タックル】
ロッド:バイオインパクトXマルイカ82-MH150
リール:カルカッタコンクエスト 50DC

______________________________________________

釣具屋さんで、ものすごい種類のスッテに翻弄される。

結局、似た色ばかり買ってきてしまうのは通勤用のネクタイと一緒。
特にケイムラ。無意識に銭入を開く魔法の呪文。
せきとうおうりょくせいらんし。魔法の呪文ではなく赤橙黄緑青藍紫。
可視光線。電磁波の内、人間が見ることの出来る範囲。
紫の外側が紫外線。その先にX線やガンマ線。反対の赤の外側は赤外線。
蛍光塗料は紫外線を当てるとそのエネルギーを受けて励起し、
可視光線を放出する性質を持つ。

色覚や色彩を体系的に学ぶのであればカラーコーディネーターや

色彩検定のテキストが分かりやすい。
しかし普通のサラリーマンがそんな資格を取ったところで、
空はなんで青いの?雲はなんで白いの?夕日はなんで赤いの?
などと無邪気な質問をしてくる資材担当課長は取引先に居ないし、
机上の文房具をセンス良く色彩調和させても「そんな暇あったら仕事せい」。
物質が色を吸収?放出?方面に踏み込むとモル吸光係数だのスピン多重度だの
数式だらけ。文系男子の私にはハードルが高い量子学に突入。
漁師学なら仕事そっちのけ、ひれ伏して学びたい。

3週連続、束釣り達成のS氏は遠くを見つめ「色なんか関係ねーよ」とつぶやく。

今日も隣りで一度もスッテ交換せずに釣り続けていたから困っているんだ。

少しフランケンウィニーに似た君達の瞳に僕のスッテはどう映っているの。