フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.113 ~NEWキススペシャル福岡見参!~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

4月初旬、福岡県糸島半島へNEWキススペシャルと共に降り立ちました。ここ糸島半島は、都心の博多から1時間程度で行く事が出来る素晴らしいフィールド。風光明媚で気候は温暖、周囲には春の風物詩である菜の花が咲き誇り、早くも初夏の香りを感じさせてくれます。しかし、この日は戻り寒波の到来で、海岸には強い北東の風が吹き付け、北~東に面する海岸は高い波が打ち寄せています。今回はスケジュールの都合で短時間しか竿出しが出来ません。うまくシロギスを釣り上げる事が出来ると良いのですが…。

先ず向かったのは、風裏になる半島南西部の海岸。早速釣り開始です。他の場所は強風そして高波という悪状況ですが、ここは別天地。風もほとんど無く、ポカポカとした陽射しも相まって、まさに春本番を思わせるようです。NEWキススペシャルBXとスーパーエアロキススペシャルコンペエディションのコンビに、ラインはSPINPOWER EX4 PEの0.6号、それにSPINPOWER テーパーちから糸EX4 PEの0.8-7号を結びます。仕掛けは、遠投メインでの釣りを想定し、「掛けキス」6号の3本針をチョイス。ここ最近の強風によって、海水が若干濁っていたのでのグロー留仕様を選択しました。しかし、数投するも全くシロギスからの反応がありません。やはり、数日間、冷たい風が吹き付けていた為、おそらく水温が下がっているのでしょう。シロギスが潜んでいそうな沖の藻場を丹念に探りますが、全く反応がありません。そこで、半島北東部の海岸に場所移動を決定。吹き付ける強い北東の風は、まさに冬に逆戻りしたようです。強い風に負けずにキャストします。シロギスの活性が低く、喰いが渋いと判断したので、仕掛けはシロギスが吸い込み易いよう、「攻めキス」6号を選択。また、釣り場の沖は浅く、遠投ではあまり釣果が望めないと判断した為、5本針を選択しました。そして先程同様、若干の濁りがあった為、グロー留パターンをセレクトします。6色付近にキャストし、丁寧に探りますが、やはり生体反応がありません。しかし、仕掛けが海中に入っている以上、諦めてはいけません。引き続き、ゆっくりと探っていきます。ロッドの感度が良いので底の状態が手に取るようにわかります。海底の砂の粒子が少し粗くなった場所に仕掛けが到達しました。距離にして海岸から約70m付近です。少し仕掛けを止めていると、「モゾッ」とした前アタリを感じました。(NEWキススペシャル、風が強いにも関わらず、こんな小さな前アタリを感じる事が出来るんですね!改めて感激!)10秒程度、仕掛けを止めていると、いきなり「ギュィ~ン」と竿先が数十センチ引き込まれました。「お~居るやん!」と喜んだ直後、「ギュィ~ン」「ギュィ~ン」と2回、同様に竿先が引き込まれました。「これはもしかして…」と超期待してリーリングします。「ギュルンギュルン」と心地良い手応えを楽しみながら波打ち際で仕掛けを抜き上げます。1匹、2匹、3匹。そう、3連掛けに成功しました。それも、24センチ近い良型を含め、20センチオーバーの3連です。型も良いですが、ここのシロギスはエサが豊富なのか丸々と太っています。比較的近い距離での良型3連にびっくりしましたが、良型キスの大きなアタリがあっても穂先が跳ねないこの感覚、良いですねェ~。シロギスの乗りも非常に良い事を再認識しました。その後、引き続きの良型を期待しましたが、潮が大きく下げた事で、残念ながら追加する事は出来ませんでした。時間の関係で、3時間程度しか竿が出せなかった今回の福岡釣行でしたが、戻り寒波という厳しい状況の中での貴重な良型3連は非常に値打ちのある釣果でした。そしてこの日の夜、釣り上げたシロギスは薄造りにして大変美味しく頂きました。