フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.101 ~良型冬ギス~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。



ここ数年、厳寒期には島根半島へキス釣りに出掛けています。例年、20センチ台の良型キスが数釣れ、竿先を「ギュィ~ン」と引きこまれる大アタリは、寒さを忘れさせてくれます。水深が10m以上あるこの付近の釣り場は、越冬の為に深場に落ちる直前の固体が溜まる場所のようで、年末から2月にかけての水温が一定の温度になった時に良く釣れるようです。しかし、水温が下がりすぎると、更なる深場に移動する為、全くと言って良い程釣れなくなってしまいます。

今年も例に漏れず年が明けてからの釣行になりましたが、あまりにも釣果が良かったので、2週連続の釣行となりました。しかし、この時期の日本海側の天気は目まぐるしく変化し、酷い時には猛吹雪に見舞われ、まさに「荒行」を思わせる釣りになりました。ここの釣り場の前方には障害物がある為、ロッドには少し長めのスピンパワー425BXを使用し、取り込みしやすくします。この日も1投目からキスのアタリが竿先に出ます。小型のキスは小さなアタリですが、25センチクラスになると、竿先を1m近く引っ張り込まれる事もあり、本当に楽しい釣りが展開出来ます。また、この時期のキスは、脂が乗ってとっても美味しく頂けるのが何よりも嬉しいのです。釣れるポイントが150m以上の事もあり、遠投の練習にもなって良い事ずくめ。やはり遠投での釣りは楽しいですね。さて、「荒行」にも耐え、やっとお陽さまが顔を出してくれた頃、一段と大きいアタリが出て26センチクラスが登場しました。このサイズが来たら、思わず顔がほころびます。群れが回遊して来たのか、25センチクラスが大きなアタリを見せ、数匹続いて釣れて来ます。日によってムラがあり、あまり良くない日もありましたが、今年も期待を裏切らない釣果を得られる事が出来、大満足で釣り場を後にしました。そして数時間後、お刺身&塩焼きで大変美味しく頂きました。今年も本当にありがとうございました。また来年も釣行したいと思っています。