フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.100 ~徳島県南にて~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。



徳島県・海部郡海陽町。私がこの地を始めて訪れたのは、今から約30年前。当時はフェリーを利用しての交通手段しかなく、船旅を味わえる、まさに小旅行でした。自然に満ち溢れ、時間がゆっくりと流れている町並みに、「大阪には帰りたくない…」との気持ちになった事が今でも記憶に残っています。近年は明石海峡大橋が開通した事によって、車のみでも行けるようになり、30年前と比べて本当に便利になりました。新しいお店やコンビニが出来、非常に便利になりましたが、面影が変わっていない場所も多く、訪れる度に当時を思い出させてくれ、心身共、非常にリフレッシュさせてくれる場所でもあります。

その海陽町に先日、キスを狙って釣行しました。気候が温暖で水温も高く、1年中キスが釣れるのも魅力のひとつです。当日は、冬場には珍しい東寄りの風が強く、少し肌寒かったですが、天気は快晴、心地良い釣り日和となりました。期待しての1投目、とりあえずフルキャストします。ゆっくりとサビくと6色に入った付近で底が変わりました。と、同時に「キススペCX+」の竿先に「ググッ」とキスからの反応があります。「おそらくこの時期は活性が低いだろう」と仕掛けを止めていると、2回、3回とアタリが出ました。巻き上げてみると、18センチ級を含め、3連掛けの達成です。アタリのわりに型が大きかったので、やはりキスの活性が低いのかも知れません。しかし、キャストする度に竿先にアタリが出ます。それも、7色から6色に入ったところで多くアタリが出て、久しぶりに遠投での釣りに大満足です。また、思っていたより型が良いので、楽しくて仕方がありません。しかし、3投4投とキャストしたところで、段々と型が小さくなって来ました。ここは想定範囲です。12~15センチがレギュラーになりましたが、数が付くようになりました。おそらく潮が大きく下げ出したので、キスの活性が上がって来たのでしょう。その後は、5連掛けが5回、7連掛けが3回と、ハイシーズン並みの釣れっぷりに笑いが止まりません。しかし、干潮の潮止まり近くを迎えるとアタリが止まりました。約2時間の釣りでしたが、数は50匹を超え、大満足の徳島県南釣行になりました。