フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.98 ~鹿児島でキス~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。



新年あけましておめでとうございます。本年も様々なレポートをお届けしたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年は猛烈な寒波が幾度も襲来し、各地で例を見ない降雪となりました。寒波が過ぎ去った頃、この時期なら暖かく、快適なキス釣りが出来るだろうとの思いで、鹿児島県の大隅半島を目指しました。しかし、北寄りの季節風が強く、南国ながら、とても寒い中での釣りになりました。先日の寒波で水温が下がっているはず。
「果たしてキスが釣れるのだろうか?」と、一抹の不安を感じての竿出しになりましたが、案の定、生体反応は全くありません。3ヶ所の場所を釣り歩くものの、全くキスからのシグナルはありません。「例年なら釣れるはずなのに…」と弱気になってしまいましたが、心機一転、翌日に期待する事にしました。南国鹿児島ですが、夜間には降雪、早朝には道路凍結の予報が出ていたので、2日目は、ゆっくりの竿出しとしました。

この日は湾奥の広大な海岸での第1投。期待しないでサビくと、いきなり心地良いアタリが伝わって来ました。「居るじゃないの~」と思わず顔がほころびます。2回、3回とアタリをキャッチして、1投目はいきなりの3連。あまり期待していなかったので、想定外でした。それからと言うものの、アタリにアタリまくり、最高6連掛けまで達成する事が出来、また、キススペCX+の竿先を「ギュイ~ン」と引っ張り込まれ、20センチの4連などもあり、約3時間で60数匹の釣果を得る事が出来ました。このままもう少し釣り続けようと思いましたが、どうしても、もう1ヶ所やりたい釣り場があったので、後ろ髪を引かれる思いで納竿。そこから約30分程北上したシモリ混じりの海岸へ移動です。ちょうど潮は満潮の潮止まり近くで、絶好の時間帯です。5色のシモリ際へキャストし、ゆっくりとサビくと、CX+の竿先が1メートル近く引っ張り込まれました。10秒ほど仕掛けを止めていると、再びロッドがひったくられました。急いでリーリングし、上がって来たのは、25センチ級の2連。予想通りです。「キスが散ってしまわないうちに…」と、急いでキャストすると、同じポイントで同サイズを1匹追加します。ただ、3投目はアタリが無くなり、2投のみの釣果となりました。
北風の強い、とっても寒い釣行でしたが、予想通りの釣果を得る事が出来、大満足で鹿児島を後にしました。