フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.94 ~弓ヶ浜で落ちギス~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。



カレイシーズン真っ只中のここ最近ですが、各地からは落ちギス好調の便りが届いて来ます。本州では、そろそろ落ちギスが終盤を迎えようとしていますが、場所によっては型揃いがクーラー満タンなど、景気の良い情報も…。

鳥取県西部の弓ヶ浜では、例年11月中は落ちギスが釣れ盛り、海況さえ良ければ、型・数共、良く釣れ、良型交じりの多点掛けが楽しめます。しかし、この時期の日本海は、季節風の影響で波が高い日が多く、なかなか凪の日に竿が出せるタイミングが難しいのも事実。よほど運が良くない限り、凪の弓ヶ浜で竿を出す事は難しいです。
この日の弓ヶ浜は、午前中は風や波が殆ど無く、絶好のキス釣り日和でした。こんな日は珍しいと、フルキャストして、遠くのポイントから心地良いアタリをキャッチします。しかし、午後からは北寄りの風が強まり、波が高くなって釣り難い状況になりました。しかしながらキスは高活性で、3色~5色付近の海底に変化のあるポイントで活発なアタリを見せてくれました。ハイシーズンほど数は付きませんでしたが、最高で6連掛け、また、最大サイズは24センチと、晩秋の落ちギス釣りを思う存分楽しませてもらいました。それと、この日は、おそらく今年最後の弓ヶ浜釣行となりそうなので、今年1年キスを釣らせて頂いた感謝と、来年も宜しくお願いしますとの気持ちを込めて、海に向かって一礼。夕方までキスのアタリを思う存分楽しみました。寒い1日でしたが、とても楽しい1日でした。

ちなみに、この日のタックルは、キススペシャルCX+&スーパーエアロキススペシャルコンペのホワイトカラーコンビでした。