フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.91 ~キス釣りで思わぬ大物~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。





砂浜からのキス釣りもそろそろ終盤を迎えました。兵庫県の須磨方面にて小型ながらキスの数釣りが楽しめるこの時期。ポカポカとした晴天の日、須磨方面を目指しました。4色(100m付近)にキャストし、サビきながらアタリを待ちますが、全くアタリがありません。3色、2色と探りますが、全く反応無しです。1色に入った頃、「プルプル」とキススペシャルCX+の竿先を小さく震わすアタリを捕らえました。アタリからして、それ程大きくありませんが、多点掛けを目指してゆっくりゆっくりと仕掛けを引っ張って来ます。5回程アタリがあった時点でリーリングします。やや小型ですが、1投目から5連達成です。アタリがあった距離は海岸から約20mの距離。

2投目からは1色付近をメインに探る事にしました。サビくと直ぐに「プルプル」と小気味良いアタリが続きます。2投目は8本針に8連と、2投目にしてパーフェクト達成です。それからというもの、8連が続き、久しぶりの数釣りを堪能しました。そして、潮が上げて来た頃に、竿先を大きく引き込むアタリが数回あり、20センチクラスの良型が4連で掛かって来ました。「潮に乗って型の良いのが入って来たな」と、引き続き良型を狙いましたが、型の良いのはその1投だけで、その後も小型サイズに変わってしまいました。

潮止まりを迎え、小型も数が減ってきました。十分に数を釣ったので、そろそろ納竿しようか?と思った時、いきなり1m以上ロッドを引っ張り込まれました。いきなりの大アタリにビックリしましたが、何とか対応出来ました。が、一気に沖に向かって走り出しました。リール(スーパーエアロ キススペシャルコンペエデション)のストッパーをフリーにして、テンションを保ちながら対応します。約20m走ったところで魚の動きが止まったので、無理をしない程度に巻き上げます。ラインは0.8号(SPIN POWER EX4PE)、ハリスは0.8号そして針は5号。ラインは強度があるので全く問題無いですが、ハリスが細く、針も小さいので無理は出来ません。5~6分間、ラインを出しては巻き、出しては巻き、を繰り返しますが、大きく首を振る手応えに、タイ系の魚であると予測。慎重にやり取りします。そして、やっと力糸を巻き込んだ頃、オモリの後ろに黒い魚体が激しく抵抗する姿が見えて来ました。「チヌや!」と思わず声が出てしまいました。それも結構な大型です。今年淡路島にてキス仕掛けで45センチを取り込みましたが、それ以上のサイズに見えます。残り5mというところで、激しく反撃に出ます。それに合わせて砂浜を前後に動きます。しばらくしてやっと水面に浮かせる事が出来、少し弱って来ました。頃合いを見計らって、寄せる波に乗せて一気に砂浜にズリ上げたのは50センチのクロダイでした。ハリス0.8号、針5号で良く取れたなぁ~と感心してしまいました。キスを釣っている時、マゴチやヒラメは良く掛かる事があるのですが、クロダイは珍しいですね。

しかし、夏以降、前回の45センチと今回の50センチの2匹の大型をゲットする事が出来ました。クロダイに好かれているんですかね?前回の45センチの時もそうでしたが、ハリス0.8号、針5号で取れた事に改めてビックリしています。