フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.87 ~再度 南紀に・・・~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

前回お伝え致しましたように、今年初のコロダイを南紀の防波堤にて仕留める事が出来ました。

朝晩は寒い位になった今日このごろ。気がつくと今年のコロダイのシーズンが終わってしまった…という事にならないように、天候が安定した先日、再度、南紀の海岸を目指しました。

しかし、波・ウネリが思いのほか高かった為、目指すポイントでの竿出しは不可能。仕方なく波の影響を受けない湾内のポイントで竿を出す事にしました。

この日のタックルは、つい先日発売された「サーフリーダー振出」。そして、「パワーエアロスピンパワー」のコンビ。ラインには「パワープロ デプスハンター」の5号を使用しました。このロッド、低価格ながら高性能で、思ったより胴の張りが強くて、私自身ビックリした程です。

さて、この日は波がやや高いせいで海水が濁り、あまり良い条件とは言えません。1投目から弱々しいアタリがあり、毒魚であるゴンズイが釣れてきます。それからというものゴンズイラッシュで、もううんざりです。

しかし、そろそろコロダイが回遊してくる時間帯と判断したので、辛抱強く打ち返します。すると…「425BXT」の竿先に今までと違うアタリが出ます。コロダイの前アタリらしきアタリです。ドラグを締め、ロッドを握って本アタリに備えていると、一気にロッドが引っ張り込まれました。予想的中!先手を取る事に成功しました。

それからはロッドのパワー&粘りを活かし、一気にゴリ巻きします。防波堤に抜き上げたのは50センチクラスの綺麗な色をした本命。ゴンズイの嵐に耐え、我慢した甲斐がありました。群れが回遊して来たと判断。手早くエサを刺し、再び同じポイントへ仕掛けを投入します。

しばらく竿先を見つめていましたがアタリがありません。水汲みバッカンで手を洗っていると、いきなり「パワーエアロ」のドラグから「ジャ~」というけたたましい音が聞こえて来ました。ロッドに飛び付き、ゴリ巻きします。荒々しい抵抗を見せて上がって来たのは、先程より少し小さい本命。ビックリする程大きいコロダイではありませんでしたが、今回も2匹ゲットする事が出来、磯投げでも十分使用出来る「サーフリーダー振出」のポテンシャルを再確認出来ました。

夜釣りにおいては、前記した「ゴンズイ」に代表される毒魚が釣れてくる事が多くあります。刺されると非常に危険ですので、みなさんも毒を持った魚には十分にご注意ください。