フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.82 ~鳥取県東部にて~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。




今年も梅雨が明け、いよいよ本格的な夏の到来となりました。
雨の日が続いていたつい先日までは、「夏の日差しが待ち遠しい…」と思っていましたが、いざ、梅雨が明けると、「暑い」「暑い」の毎日になりました。あっという間に過ぎ去っていく夏。今年も思う存分夏を楽しみたいと思います。

鳥取県東部の海岸へキス釣りに向かったのは、気温が35度くらいになった猛暑日。 ただ、時折、雲が顔を出してくれたので、いくらかは釣り易い日和になりました。
期待した1投目は、いきなりの多点掛け達成。海水の透明度が極めて高いので、偏光グラスを使用していると、針に掛かったキスが泳ぐ様子が良く見えます。
この日は、最近私の超お気に入りアイテムである、「Indicator-R」を使用。レンズが明るいので、水中の様子が本当に良く見え、この日も掛かったキスの様子が良く観察出来ました。

2投目からも順調にキスが掛かってきます。この日の最高は、12本針仕掛けでの12連。 サイズはやや小型でしたが、パーフェクト達成です。 そして、直後に「キススペシャルCX+」の竿先が大きく引き込まれました。 ヒットしたポイントが近かったので、激しい抵抗を見せますが、それ程大きくは無いようです。 「Indicator-R」で海中を見ていると、平べったい魚体が暴れている姿が見えました。 予想通りヒラメです。大きくはないので、寄せる波に乗せて砂浜に引きずり上げたのは、40センチ級のヒラメ。
砂浜が綺麗なので、綺麗な魚体をしたヒラメでした。前回のクロダイ同様、キス釣りでは、嬉しい大物が掛かって来る事が多いんです。

それからは、引き続きキスが釣れ続き、気付けばクーラー満タン。 キスを捌かないといけないので、早めの納竿としました。