実釣マルイカ

  • カワハギ実釣
  • マルイカ実釣
  • マルイカ実釣
  • その他魚種

Fishing Report 2014 6/18・6/19 I.A

【釣行者】I.A
【天候】6月18日:雨/6月19日:晴れ
【船宿】松輪 江奈港成銀丸
【タックル】
ロッド:リアランサーマルイカH152
リール:アルデバランMg7
PEライン:パワープロデプスハンター1号
仕掛け:直結5本  間隔100㎝
オモリ:40号
____________________________________________________________________________
6月18日、19日 松輪江奈港成銀丸にマルイカを釣りに行って来ました。

18日はチームメイトのS藤さんのハワイのお友達と御一緒しました!

昨年はカワハギ釣りでしたが、今年はマルイカ釣りのリクエストです。

天候は曇り&雨なんですが明るい笑顔!

リアランサーマルイカH152      スタートスッテ

スタートの推進は20メートルから1投目で着乗りで可愛いマルイカをゲット!

この後も、20メートル前後を入れ換えポツリポツリとゲット出来ますが2~3回

乗りますが、その後は直ぐに難しい釣りになり続きません!

移動の度に水深が深くなります、リアランサーマルイカH152深場用と表示が

ありますが、自分としては20メートルの水深でもとても使い易く、穂持ちから

後ろが確りしているので、タタキやシャクリでスッテを動かせるのでイカに

アピールし易く、穂先部分はグラスソリッドを使用しているのでしなやかさが

イカに違和感を与えずアタリも大きく出て掛けやすい!

2時間半程で20杯ゲットでき好調でしたが、この頃から雨が降り出しカッパが

濡れて体感温度がどんどん下がり寒さが身体にこたえます。

6月のこの時期でも雨が降ると異常に寒くなるので1枚は多めに着ていくことがベストだと思います。暑ければ脱げば良いのです!

中盤、ポイントは毘沙門沖から城ヶ島沖へ移動して、水深も45メートル前後

この水深になってもこのロッドは、スッテを確り動かせイカの気に入るスピードを探せ上手くはまると連発します!

このロッドを使いだしてから自分のマルイカ釣りに少し変化が出てきたように感じています。

この日は最後までアタリが途切れる事無くポツポツイカが乗り、そしてハワイの友達も大喜びで20杯くらい釣れていました!来年もマルイカ釣りがしたいとリクエスト!

雨降りなので写真は無しですが自分もS藤さんも仲良く55杯!

<6/19>

翌日の天気予報が曇りで、仕事も休みなので連荘する事にしましたが、家に着くとどっと疲れが出て、一人釣行なので’起きられたら’釣行に。
ヤッパリ何時もの時間の2時半にすっきり目が覚めて成銀丸へ直行!
2日目も毘沙門沖20メートルからスタートして直ぐにイカが乗りました

    超チビ君        スタートはこのスッテで!

前日と違い天候は晴れで海はベタ凪、マルイカ釣りは曇り又は雨がイカの活性が上がり良いのですが、2投落とす前に移動!

この周辺の反応を当てますがイマイチなのか城ヶ島方面へ移動して40メートルで開始です。

この流しも可愛いサイズがポツポツ、時間と共に潮色もクリアーになりイカ釣りには、良い条件ではありません!

2回くらいでアタリも止まり触りも無くなります。
同じレンジで叩いて直ぐにシャクリ上げ、また同じレンジで叩きシャクリ上げる同じ動きを数回見せ、最後に叩いて止めるとイカが急いで乗って来る感じでアタリが出て釣れる!
スッテが確り動かせるロッドならではのテクニック
このパターンを試してみるとやはり触りが出てイカが乗って来ましたが、船が止まって直ぐにはこのテクは使わなくても数杯取って触りが無くなってから使うと再びアタリが出て、その後も数杯ゲット。

ロッドの穂先で叩くのと穂持ちで叩くのでは、スッテの動きは違うので、この動きの違いと、シャクリのスピードと叩く回数などを上手く組み合わせるとアタリが続くような・・・?

前日は好条件で55杯 今日は良い条件揃いでは無いが47杯!

このロッドを上手く使いこなせたら、自分のマルイカ釣りが変わりそうな1本です。

   最後の2流しで!