フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.77 ~今年2回目の弓ヶ浜~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

ご存知のとおり、鳥取県・弓ヶ浜はジャパンカップが開催されるフィールドで、名勝大山をバックにキス釣りが出来る、ロケーション的にも本当に最高な海岸です。
毎年、弓ヶ浜には何度も釣行していますが、今回は今年2回目の釣行になります。1週前にも訪れましたが、風波が強く、思うような釣果が得られませんでした。「まだちょっと早いのかな?」との思いもありましたが、「例年ならそこそこ釣れるはず」との思いで再チャレンジです。

この日のタックルも前回の高知釣行時と同様の「キススペシャル405CX+」&「スーパーエアロキススペシャル・コンペエデション」のホワイトカラーコンビ。キスをイメージしたパールホワイトカラーで、いかにもキスを呼び込んでくれそうです。

1投目こそはアタリが無かったものの、2投目からは心地良いキスのアタリが竿先に出て、キスが居る事を知らせてくれます。

3回目のアタリをキャッチしたところでアタリが止まったので、仕掛けを回収。3連を予想します。そして上がって来たのは予想的中の3連。それも20センチを超える良型も絡んで幸先良いスタートです。引き続きの連掛けを期待しましたが、初期のキス釣りはそれ程甘くありません。そこで、少しキャストするポイントを変えてみます。すると、「ググッ」と、またまた良型を思わせるアタリが竿先に出ます。ゆっくりゆっくりと仕掛けを動かして連掛けを狙っていると、「ギュイーン」と竿先が引っ張り込まれました。
直ぐに巻き上げたいところですが、そこは我慢。どうしても欲が出てしまうんですね。
その後、2回のアタリが出たところで我慢の限界となりリーリングします。
「キラキラ、キラキラ」っと光りながら砂浜に姿を現したのは、25センチを含む5連。楽しいですねェ~キス釣りは…。
思わず笑みがこぼれます。それからも、転々と場所を移動しながら釣り歩きましたが、最高は7連掛けを達成。
そして圧巻は、波が高くなってきた頃に竿先を2m近く引っ張り込む大アタリを見せて激しい抵抗を見せた28センチ。
数年ぶりに弓ヶ浜で28センチのキスを釣り上げる事が出来ました。これから日を追う毎に、キスの釣果が上向くと思われます。