フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.73 ~水温が最も低い時期の釣り~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

弥生3月。暦は春。日増しに気温が高くなっていくものですが・・・

今年は3月に入っても気温の低い日が続き、春の訪れはまだまだ遠そうです。
海の中も、まだまだ水温が低く、魚たちの活性も低いようです。若干寒さの緩んだつい先日、毎年この時期、カレイ・アイナメが好調な三重県・鳥羽方面に釣行しました。
昨年、春の時期に40センチクラスのアイナメ、そして、50センチクラスのカレイを釣り上げているので、期待十分の釣行でしたが、なんとこの日の水温は7度。2月にかなりの降雪があった影響で、その雪代が流れ
出し、水温が急激に下がっているようです。急激な水温の低下で、本命のアイナメの釣果はありませんでしたが、30センチを超えるマコガレイの姿を見る事が出来ました。産卵後のため、まだ身が薄かったですが、とっても
綺麗な魚体で、元気な引きを見せてくれました。

そして後日、和歌山にて極寒の中、夜釣りを敢行。この時期でも元気な引きを楽しませてくれるキチヌ狙いです。

過去に最も実績を上げている干底からの上げ潮を狙いましたが、なかなかアタリがありません。よほど水温が低いのでしょう。エサもそのまま上がって来ます。半ば諦めかけた上げ5分頃、フリーゲンSDのドラグから「ジ~~」というシグナルが・・・

フルキャストしていたので、心地良い引きを長い時間楽しみながら上がってきたのは、40センチクラスの綺麗な魚体をした「キチヌ」。寒くても諦めてはダメだという事を教えてくれました。

ちなみに、前記のマコガレイ、そしてキチヌ共、「サーフランダー425CX-T」で釣り上げました。

投げやすい調子で使いやすいロッドです。特にこれからの時期、花見ガレイやクロダイ釣りにも活躍してくれそうです。