実釣一つテンヤマダイ

  • カワハギ実釣
  • マルイカ実釣
  • マルイカ実釣
  • その他魚種

Fishing Report 2014 3/1 K.Y

【釣行者】K.Y
【船宿】飯岡 幸丸
【タックル】
ロッド:バイオインパクトX 一つテンヤマダイ 245MH
リール:炎月 C3000HGMS
PE:パワープロ デプスハンター0.8号
錘:かぶら8号
________________________________________
最近は毎週末雪で週末アングラーの私にとっては、非常に辛い状況でしたが、
ついにいってきました!!

久しぶりの釣りなので、とりあえずお土産が欲しい!

というわけで、ここ最近絶好調の飯岡のひとつテンヤに行ってきました。

基本的に私のスタイルはおいしい魚を釣りたいという事!

ひとつテンヤはそんな私にはもってこい!!

当日は友人のM氏、W氏の3人組で乗船!

右舷胴の間に3人並んで座りました。

定刻の5時に出船です。

当日は若干のうねり、風があるももの、幸丸の大型船は揺れも非常に少なく、

快適に釣り場までキャビンで寝て行くことができました。

一時間ほどでポイントに到着!

当日は活きエビが餌!!
水深は53メートル前後から開始!

早速船中のあちこちで400g前後のマダイが中心にポツポツあがりますが、

胴の間ではお祭り連発。。

そこで、仕掛けを遠投する作戦に!

そこからはほとんど入れ食い!!

お祭りのトラブルも軽減し、順調に数を伸ばします。

基本的には着底後、即アタリ、または、探見丸を見ながら、反応が上にある時は

着底後、軽く巻き上げ、そこからのカーブフォールの最中に糸ふけでのアタリや
中には竿を叩くそうな大きなアタリを出してくれる元気な鯛も!!

終盤には探見丸を見ながら、浮いた反応を探ると小さなアタリが!!

しっかりとアワセると、今までよりも重量感のある引き!!

船長の構えるタモには1.3キロほどの綺麗なマダイが収まりました☆

その後、船中では大型、良型の地合が30分ほど続き、3.5キロを始め、2キロオーバー等

も上がりましたが、その後はまた500g前後のサイズがポツポツ。。

しかし、終わってみれば300g~1.3kgのマダイが34枚!!

船中20名程で450枚の大漁!!
他に大型のホウボウ、メバル、ウマヅラ、ハナダイ等のゲストも多彩!!

お土産十分で終了☆

最高の1日になりました!!

贅沢を言えば、もう少し大きなサイズも欲しかったけど、それは欲張りですね!!

しかし、大変なのはここから。。

友人とあわせると60枚以上のマダイに、大漁の他魚のウロコ取り等、二人がかりでも

料理が完成しるまでには2時間以上の時間が掛かりました。。

しかし、さすがマダイ!!

うまいですね~!!

写真はマダイ姿作りにホウボウ、先日S氏から頂いたマルイカのシソ巻きの盛り合わせ、マダイのアクアパッサァ

翌日はマダイのムニエル(トマトソース)にカルパッチョに、刺身で舌鼓。。

いやぁ~釣って良し!食べてよしのマダイひとつテンヤ!

期間限定に活きエビの飯岡へみなさんも是非行ってみてくださ~い!!