フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.62 ~キスの合間に・・・part.2~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

鳥取県・弓ケ浜は、あまりにも有名なキス釣りポイントです。毎年、ジャパンカップ地区大会・セミファイナル・ファイナルが開催され、まさにトーナメントフィールドですね。今年のファイナルでも、名勝負が繰り広げられる事でしょう。

その弓ケ浜から少し北上した「境水道」へ再び大物釣りに出掛ける事にしました。

日没前からの竿出しとなったので、少しの時間だけ引き釣りでキスを狙いましたが、20センチオーバーの良型が大きなアタリをみせてくれます。そして日没と共に大物仕掛けをセット。エサの「ユムシ」を針に刺してフルキャストします。

メインはハリス10号&18号の針の大物仕掛けですが、1本だけキス狙いの小針仕掛けも念のため?投入します。

しばらくすると、キス狙いのパワーエアロスピンパワーから「ジャ~」というシグナルが聞こえてきます。

キャッチしたのは、25センチの丸々と太ったキスです。

そして直後、ひときわ大きなアタリを見せてくれたのは、28センチを超える大型キスでした。念のため?のキス狙いの仕掛け投入が大成功です。

で、本命の大物釣りはと言いますと・・・80センチ以上の大きな黒アナゴの連発で、うんざりさせられます。

時折、小型のマアナゴが釣れてくるので、これは大切な食材として、クーラーに投入します。

そして、右へ流れていた潮が緩くなった直後、「ジャ~~」っとパワーエアロスピンパワーから、大物が掛かったシグナルが・・・。

ナイロンラインを使用しているので、糸フケを取って大きく合わせます。

一瞬、大きな負荷が掛かり、アナゴとは違った感触が伝わります。マダイであれば首を振るのですが、左右へ良く走ります。

かなりの負荷がロッドに掛かりますが、「スピンパワー425BX-T」の反発力の強さで、それ程強引にリールを巻かなくても魚を確実に寄せてくれます。

水深が深いので、そこそこの負荷がロッドに掛かっていましたが、水面近くまで寄せたところで「バシャ」っとエラ洗い。

予想どおり「スズキ」です。ゆっくりと玉網に誘導して引き上げたのは70センチを超えていました。

びっくりする程大きなスズキではありませんでしたが、超遠投でのスズキ釣りはやはり面白いですね。

これからもキスの合間をみて、大物釣りに出掛けようと思います。

ちなみのこの日、28センチを筆頭に、かなりの良型キスを釣る事が出来ました。引き釣りとはまた違うキス釣りも楽しめました!