フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.56 ~大型イシガレイ登場!~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

桜の花が満開の頃、産卵後の体力回復のため、カレイが荒食いを見せます。

いわゆる「花見ガレイ」ですね。

ポカポカした陽気の中で満開になった桜の花を見ながらのカレイ釣りは何とも言えない趣があります。
その「花見ガレイ」を狙いに行くも、この日はあいにくの花冷え。満開になった桜の花も寒そうに見えます。

この日はまず、大きなアタリで良型のクロダイが挨拶に来てくれました。

クロダイもこの時期、産卵ため浅場に乗っ込んでくるので、投げ釣りでも良く釣れるんですね。
場所によってはカレイ狙いの外道として毎回釣れて来る事もあります。

今回の釣り場は激流の釣り場。「激流には大型カレイ」と言われるように、潮の流れが速い釣り場には、大型のカレイが潜んでいる事が多いんです。

この日は30センチ前後のマコガレイがバタバタと釣れ、そこそこ満足のいく釣りでしたが、クライマックスは、激流が少し緩くなった頃に訪れました。

潮の流れに引っ張られてお辞儀していたスピンパワー425BX-Tの竿先の動きが一瞬止まり、ラインが大きくふけました。
典型的な大型カレイのアタリです。

一呼吸おいて大きく合わせると、425BX-Tが大きく曲がります。
リーリングにかかりますが、潮に引っ張られて重いだけです。
「なんだ、ホンダワラが掛かっているのか・・・?」
と、パワーエアロスピンパワーでゴリ巻き開始です。
このような時でも難なく引き寄せてくれるパワーエアロの力強さには、ほんと恐れいります。

力糸を巻き込み、その後、オモリが見えて来ますが、ホンダワラは浮いて来ません。
「あれ?おかしいなぁ~」と思いながら、そのままリーリングし続けると、急に強烈な締め込みと横走りに襲われます。

えっ???・・・
訳の分からないまま、引き寄せると、デッカイ茶色い魚体が水面に姿を現しました。
大きなカレイです。久しぶりの大型に一瞬焦りましたが、十分空気を吸わせて弱らせた後、無事、玉網に収まったのは、50センチのイシガレイでした。

全長は50センチですが、厚さは6センチ以上あり、たっぷりとした身はムニエルで美味しく頂きました。

これからも、まだしばらくカレイが狙えそうな今シーズンです。