へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~吉田 康雄編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。
『シマノジャパンカップへら釣り選手権大会』全国大会でおなじみの“戦うウキ師”吉田康雄名手が『飛天弓 柳』で様々な釣り方を試しました。

軟調子のオールラウンダー”だ。

型を問わずに曲がる竿は魅力的 小型でも面白く、大型も手こずらない。

へら竿に求める性能を、あらためて挙げてみると、ある程度の長尺になっても利き腕1つで操れる軽快さ、型を問わずに繊細な仕掛けを使っても切られない柔靱さを兼ね備え、アタるまで水に浸された穂先はアワせるときに“水切れ”がよく、全体は向かい風にも負けない“風切れ”が求められている。
部位毎に考えると、穂先は水切れのいい“細さ”がありながら重エサの投餌と良型の取り込みに耐えうる“太さ”も必要。もっとも曲がる頻度の高い穂持ちは、アワせたり投餌における初動の早さを培う“柔軟さ”と、魚を取り込むときの“反発力”。さらに手元へ近づくと竿径は太くなり“引ける腰”“大事な釣り味”を生み出すパワーパーツとしての働きが役割となる。
そして、もっとも大事なのだが“それらが渾然一体となったとき、へら師が見惚れる円弧を描く竿”でなければ、まず好まれないのだ。
吉田氏は、へら師の視線だけでなく、職人の厳しい目でも道具を見る。『飛天弓 柳』をパーツで確認した後、竿を継いで振り調子を確認しながら、こう言った。
「これは私の好きな竿。1年中イケる竿だ。個人的に、これまで地べらの元気がなく枚数も伸びない低水温期の冬などは『特作 伊吹』で、じっくり味わう釣りをしていた。それが、これからは『飛天弓 柳』で1年を釣りきれると思う。“軟らかさを感じさせながら強い”という不思議な調子の『飛天弓 柳』は、そういう意味でも、現代へらぶな釣りの可能性を広げている」
開発段階から『飛天弓 柳』を心待ちにしていた吉田氏は、みっちりと4アイテムで4つの釣法を実釣した。具体的には、清遊湖という釣り場の規定を駆使して、西桟橋では、8尺カッツケセット釣り、9尺1m両だんご釣り、10.5尺チョウチン両だんご。北桟橋へ移動して12尺の底釣りといった形だ。
時間が限られた中、どの釣りも愉しそうで、納竿時間ギリギリまで釣っていたので終わってから話をうかがった。
「かえすがえすも手にしてすぐ感じたのは『飛天弓 柳』は“私の好きな竿だ”ということ。底釣りでタナを取っているときも、早く魚で絞ってみたいと気が逸った」

「私の好きな竿」だとご満悦だった。

かつて、タナ取りしているだけで面白そうだと思える竿があっただろうか。吉田氏は『飛天弓 柳』に、それだけ期待を募らせたのだ。
「まず感想としては、どれも細くて軟らかく、そういう調子にしては水切れがよかった。開発段階で試してきたものが完成品となって届いたときに、この『飛天弓 柳』が“どんな釣り方でも使える”ことを実証するためにも、8尺=カッツケセット、9尺=1m両だんご、10.5尺=チョウチン両だんご、12尺=底釣りで確認しておきたかった。大会でレギュラーとして使うのは、この辺りの長さであるし厳しくチェックしたが、尺が違っても調子は整っていた」

軟らかい竿だが、その割に水切れはいい。

では“整っていた調子”について意見を掘り下げたい。
「『飛天弓 柳』の調子で特筆すべきは2つ。“振り込みやすさ”と“喰わせた魚を逃さない”ということ。“振り込みやすさ”の理由は、竿の軟らかさで軽い仕掛けが飛ばしやすく、チューブラー穂先なのに細いから水切れがよく、それでいて穂先に力もあるので落とし込みのフィニッシュも決めやすいこと。そして“逃さない”というのは、竿全体の調子からくる効果で、たとえ浅く喰わせてしまい掛かりどころが悪くてもバレにくい印象を受けたからだ。特に、2つめのバレにくさは重要。例会や大会で“あと1枚”をバラして順位が下がったという“取りこぼし経験”は多くの人がしているだろう。これまで腕や全身を屈伸させる釣技で魚を取り込んでいたが『飛天弓 柳』はその釣技を竿がこなす(つまり、これまでの釣技を活かせば、竿と腕前のダブル効果でバラしは激減する)。そして“軟らかくても手前に強い”という特長もある。竿は立っていても、全体が緩やかに曲がって“利いている”から、玉入れ直前まで魚に潜られない。取り込み寸前まで、ずうっと竿が曲がっている(利いている、働いている)感覚はあるので分かりやすい」

カッツケでは余計に暴れさせず、スムーズに取り込めた。

 『飛天弓 柳』が大きく曲がる竿であることは多くの人が理解していることだが、それは単純に面白さをもたらすだけでなく、実用性も兼ね備えた“働き”なのである。
この曲がりこそ、竿が働いている姿に他ならない。竿の働きによって、へら師を疲労させず快感を与えるという意味では“へら竿の働き方改革”ともいえるだろう。
「“曲がるのに引ける”ことは、すべての釣り方でメリットしかない。だから、大胆な使い方でグングン曲げて使うべきだ」
と前置きして、吉田氏は“『飛天弓 柳』とは軟調子のオールラウンダー”だと表現している。
「“軟調子のオールラウンダー”だと実感したのは、浅ダナ~底釣りまで面白かったこと。無我夢中に100枚100kgの釣りをするのではなく、普通にチョウチン釣りを愉しむなら、喰わせた型を問わずに毎回大きく曲げて満足度の高い釣りを噛みしめるように味わえる。『飛天弓 柳』の底釣りは実に面白かったし、数が釣れない季節になったら段底も期待している。“引ける軟調子”というだけでなく、アワせた音も静かなのは細身で水切れがいい証拠で、竿の性能に釣技が入り込んでいるから小手先のむだな操作はいらない」

チョウチンで受け止めると、さらに『飛天弓 柳』の性能は鮮明に表れる。

吉田氏の言う“竿の性能に釣技が入り込んでいる”というのは、言い得て妙だ。従来は名手が釣技で取り回してきたことを『飛天弓 柳』だと竿が働いて補うため、釣り人の腕はレベルアップするという意味にも捉えられる。へらぶな釣りの場合、それは釣果として表れるから目に見えて明らかなのである。
飛天弓 柳』の個性は、独特な調子だけではなく、竿の長さにも発揮されている。
「個性的ではあるけれど、実はすでに『朱紋峰 嵐月』などで45cm刻みも、へら師のなかでは浸透しつつある。たとえば10尺でアタらないとき、ないと困る長さなのだが11尺の出番は思ったよりも少なく、12尺では長いときがある。そういうとき10.5尺のありがたさを感じられる」

“「仕掛けの長さは、10尺までだったら竿尻に板オモリ位置がくる長さがいい。長めの仕掛けは利点が多いけれど、ハリスが長くなるに従い振り込みづらくなる」とのこと。しかし短尺で短い仕掛けはもっと使いづらい。へらぶな釣りは、あらゆる面でトータルバランスを整えることが必要だ。

突き詰めていくと尺では刻めなくなった、現代へらぶな釣りのタナ。吉田氏によれば、タナを探るときに45cmで生じるメリットは、小さな差なのに効果は意外に大きいという。
吉田氏は『飛天弓 柳』を拭ってから再びしみじみと眺めて、春夏秋冬、釣り方を問わずに振れる釣り竿という存在価値について語り出した。
「小型でも竿が曲がって面白く、大型にも手こずらない。型を問わなければ、釣り場も問わない。いつもの釣り場でいつもの釣りをするのに、いつもとは違う『飛天弓 柳』を振るという、特別な愉しみ方を提案したい」
いつもの釣りが『飛天弓 柳』で、ひと味変わる・・・これこそが真の“贅沢な釣り”といえるのかも知れない。

「元々面白い釣り方だが、さらに底釣りの魅力が倍増した」と吉田氏。

シマノインストラクター
吉田 康雄

1976年、東京都荒川区で生まれる。
数々の大会で上位入賞、全国大会進出を果たしているが、記憶に残るのは99年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会の準優勝と、14年に実現した同大会優勝。人気ウキ師としても評価が高い。巨ベラ狙いにも積極的で、05年春には亀山湖で50cmを達成した。

PAGE TOP