へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

吉田康雄vs印旛2019 その1 【前編】

毎年春、印旛挑戦を続けている吉田康雄。しかし、印旛のへらの魚影はますます薄くなっている感すらある。
ゴーマル(50cmの巨べら)どころか尺半(45cm)、いや、オデコ回避さえ難しい…。
近年の最大魚は一昨年、2017年春に印旛新川「先崎(まっさき)干拓」で釣った42cm。
「手強いですね。でも、だからこそ愉しい。今年ももう年明けからワクワクが止まりませんでしたよ」
しかし、“漢”吉田康雄に悲壮感はない。
釣れない。手強い。だからこそ燃えるし、何より愉しい。
2019年春、あらためて「原点」に帰って野釣りを心から愉しむ姿が、そこにはあった。
果たして、自然体に回帰した吉田に、野の女神は微笑むのか。

愉しめているか?

「もう年明けくらいから愉しみで愉しみで。今年はちょっと自分でも思うところがあって、原点に帰って印旛を愉しんでみようと思っているんですよね」
釣りを愉しめているか?
冬の間から吉田が自問自答していたのは、そんなテーマだった。
「確かに印旛は年々釣れなくなっていると思います。結果だけを求めたら、つい深刻にならざるをえない。実際、去年までの自分は『釣らなくちゃ』って自分を追い込んでしまうようなところがあって。そんなふうには見えないかもしれませんが(苦笑)。で、去年あれだけのハタキに遭遇しながらやっぱり釣れなかったことで、ふと気づいたんですよね。
釣れなくて当たり前。それ以前に、ちゃんと釣りを愉しめているのかって。
去年、同じように印旛でゴーマルを追い求めている方々とも交流させていただいて、みなさん、とても自然体なんですよね。釣れないのなんて百も承知。釣れないからこそ、みなさん夢中なんです。嗚呼、大事なことを忘れてたなぁと」
そんな今年の吉田康雄には、いい意味での「ふっきれ感」があった。
これまでなら、取材日やポイントがなかなか決まらないことがよくあった。スタートは特に…。
しかし今年は違った。
「昨年、感触が良かった本湖(印旛沼西部調整池)の眼科医院前。とりあえずはハタキもまだまだ先ですし、ダメ元でそこでやってみたいんです」

「釣れそうな場所」ではなく、「やってみたい場所」。それでいいではないか。
シーズン序盤、型を見られる可能性が高いのは冬の延長、すなわち「川」である印旛新川上流部、あの「先崎干拓」周辺だろう。あそこなら魚がつっかけていなくても、長竿を出せば何とかなるかもしれない。しかし吉田はそれを潔く捨てた。優先したのは「釣果」ではなく、「やってみたい場所」。ただそれだけだった。
「長竿のドボンで型を見てもしょうがないですからね。狙うはゴーマル。原点回帰ですよ」
3月29日(金)、今季1発目の取材。

「どこが釣れるか」ではなく、「どこで釣りたいか」。今年も印旛に挑戦するにあたり、釣り人としての原点に帰った吉田康雄。シーズン序盤は冬を意識した「川で長竿」が定番かつ無難だが、今年はそれを完全に捨てた。今年1発目の取材は、昨年初めて挑戦して、そのシチュエーションに好感触を得ていた印旛沼西部調整池「眼科医院前」。新設された綺麗なコンクリテラスの右横には、本湖に面する「いかにも」な理想的な位置にヨシ原が広がっている。昨年、見事な魚体の38.5cmを釣り上げているポイントである。取材日は3月29日(金)。まるで冬の様相の気温3℃、曇天の朝…。浅場で釣れる要素は何一つないが、吉田は1発めから浅場に入魂のプロトウキを立てた

ベージュのMOVEBASEを担いだ吉田が現れたのは、印旛沼西部調整池「眼科医院前」。まだ真新しい感触が残るコンクリテラスの右脇のカバ穴。昨年初挑戦し、見事な魚体の38.5cmを出したポイントだ。目前に本湖を擁し、産卵を意識した大型がいかにも立ち寄りそうな場所。バスボートの方に聞くと、水底のヘドロが薄く、地形的にも良くて、やはりバスでも昔からの超一級ポイントなのだとか。
「理由はないんですけどね。今年の1発目はここで短竿を出したかったんですよ」
早朝、カマで釣り座の整備を終えた吉田は、おもむろに釣りの準備を開始する。

吉田の野釣りを支えるシマノMOVEBASEへらバッグシリーズ。背負式の機動性と収納性を見事に両立させたシマノならではの傑作だ。NEWカラーの「ベーシュ」も違和感なく野に溶け込む

超接近戦を可能にする5からのラインナップ(9以降は15まで45cm刻みの等間隔)、抜けを防止する「振出穂先」、極硬式ながらしっかり曲がり、操作性も抜群の特徴的な先調子。登場から3度目の春を迎える「飛天弓 頼刃 またたき」は、シマノが放った乗込み仕様の超個性派。今年も吉田の挑戦を強力にサポートする

竿は「飛天弓 頼刃 またたき」8。ウキは冬の間から自宅近くの手賀沼でテストを繰り返してきたという「吉田作」の乗込み仕様のプロトタイプ。水深を測ると約50cmほどと浅く、ほぼ「ハリスカッツケ状態」だ。もちろん底釣りで、エサはグルテン単品をシェイクで作る。

今年も1投で最低でも5分は待つ「漢野釣り釣法」を貫く吉田。アタリが途切れれば「床休め」を挟み、15分ほどエサ打ちを休む。宙の状態で両バリにグルテンをしっかりつけると沈没気味になるところを、両エサを底に着けて徐々にズラしていき、水面上の3目盛が出たところでアタリを待つ。イメージとしては両エサをしっかりと底に付けた「ベタ底」だ

3月中旬に小規模なハタキがあったという印旛水系だが、その後は長引く冷え込みもあって沈黙状態。取材当時もハタキはおろか、水草もユラリとも動かない。加えて今朝は気温3℃の曇天。正直、釣れる要素は何1つない。しかし、事態は意外な展開を見せることとなる。

シマノインストラクター
吉田 康雄

1976年、東京都荒川区で生まれる。
数々の大会で上位入賞、全国大会進出を果たしているが、記憶に残るのは99年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会の準優勝と、14年に実現した同大会優勝。人気ウキ師としても評価が高い。巨ベラ狙いにも積極的で、05年春には亀山湖で50cmを達成した。

PAGE TOP