へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~杉山 達也編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。
もはや名手というより達人、杉山 達也名手が『飛天弓 柳』を振ります。

竿をしっかり曲げて、性能をしっかり引き出す。

大型化に対する繊細な釣りの矛盾クリア カーボンのステータスを高めた1本

へらぶな釣りの面白さを垣間見たことで深淵をのぞき込み、魅力に引き込まれて底知れぬ深みへ落ち込んだものは数知れない。そんな深みにハマるほど“面白いへらぶな釣り”が、さまざまな要因から“難しいへらぶな釣り”に誤解されそうな現実もある。管理釣り場の充実した環境から最初の1枚を釣ることは意外に簡単かもしれないが、釣果に対して数や型などの欲が出るほどに難解さを増すことは当然のことであり、それはあらゆるゲームに言えることだろう。
ウキを見つめて、思慮を働かせるために沈吟する。それは孤独ではなく、釣り人が水中にいる魚と真剣に対峙している姿に他ならない。
意志を持った魚が人の思いどおりにならないことは理解できても、そんなに今のへらぶな釣りは難しくなってしまったのだろうか。
ある専門誌の記者は、
「管理釣り場は、それなりの釣果が約束されているように感じるでしょうが簡単に釣れない場合もあります。これは釣り人が“大きな魚をたくさん釣りたい”という非現実的な理想を釣り場に求めた結果でもあります。放流重量は変わらず、大型を放流したとしたら数はどうなるでしょうか」
と、現代の釣り場事情を語っている。
“寄せた魚群”に対して釣りを組み立てていくのが、へらぶな釣りの本寸法ならば、若く恐いもの知らずの大群が集団心理で競り喰いするのに対して、経験豊富な大型の小さな群だと、ことのほか冷静な反応を示すことは想像に難くない。皮肉なことに管理されているからこそ、自然界では起こらない難しさが生じているともいえるだろう。
これを前提に杉山氏は『飛天弓 柳』こそ、こうした“現代へらぶな釣りの事情に対応している竿”だという。
「釣り人の要望で魚は大型化しているのに、釣りが難しくなったことで仕掛けも攻め方も繊細化している。前者はパワー、後者はしなやかさが必要だ。この矛盾を解決したのが『飛天弓 柳』である」

「まるっきり竹竿のコピーロッドではなくて、カーボンでしか作れない“へら竿”があるはずだと私は考えていて、それを具現化したひとつが『飛天弓 柳』だと思います。こうした構想は将来性に富んでいますから、つまり“次もある”ということですよ」

“曲げて引ける”胴調子気味の本調子 最先端へら釣りは、これで覚えよ

「ユーザー諸兄は承知のうえで言ってしまうと、へら竿の性能が、へらぶな釣りに対して貢献できることを挙げようとすれば枚挙に遑がない。なかでも意外に疎かにされているのは“仕掛けの性能を高く引き出す”点だ。
杉山氏は、達観した口調で続けた。
「今の釣況は、いわゆる競技用・先調子とか、そういう強さだけでは通用しない。1kg近い警戒心の強い魚に繊細な仕掛けで立ち向かうとき、竿が強すぎては武器にならない。休日などの混雑時は“強い魚に弱い設定”で応じなければならず、そのシチュエーションに対して道具(竿)は何をすべきなのかという課題があった。もちろん竿に個人的な好みがあっていいし、軟らかい竿への偏見があるのも知っている。先入観を打破して、喰わず嫌いにならないで『飛天弓 柳』を振るべきだ」
杉山氏が、あえて取材場所として“スーパージャンボ”で知られる埼玉県の管理釣り場『隼人大池』を指定してきた目論見は、求められる役割に対する性能を、杉山氏らしい大胆さで鮮明に強調したかったからに他ならない。
「私は、常に明確な目的(ビジョンといってもいい)を持とうとしている。『飛天弓 柳』の調子は目標を達成した形であり『スパイラルXコア』と『ハイパワーX』だからこそ可能だったと思っている。チューブラー穂先のパワーをそのままに、細く仕上げられたことの功績は大きい。製竿に関わる工業技術が、ここまで高水準になった今だからこそ誕生した竿だ」

「細さがもたらすものは“空気抵抗が少なく、風の抵抗が受けにくい”ことだとするなら高密度になる水の抵抗では鮮明になります。この軟らかさで、使い心地を維持しているというのは(軟らかいのに細いから)キレがいいと言ってもいいでしょう」

へらぶな釣りは、へら釣りをしない人からしたら、ともすれば古式ゆかしく思われるスタイルに美意識を感じる趣味娯楽であり、これこそが、へら師の“師”たる矜持の表れ、和の文化を心の拠り所にする千古不磨の精神性がもたらす、吟味された感覚と言われる。そうした伝統文化を、まったく損なうことなく、それどころか最新工業技術で、さらに高めたという実に意欲的なへら竿が『飛天弓 柳』だと言ったら、それとなく理解できるだろうか。
「こういう竿は、現在“釣りが上手になりたい”と真剣に考えている人ならば使うべきだ。竿に備わった性能を利用して釣ることで、肩肘張らず余計な力が抜け、一挙手一投足が優しくていねいになる。『飛天弓 柳』でソフトに道具を使うクセをつけたら、自然と釣技も身についてくる。競技だと、どうしても力んできて強い扱いをしてしまうから、普段は起こさないハリス切れなど仕掛けの耐久力を超えた扱いをしてしまう。私も気分が昂ぶってきたときこそ、その節度を守っている」

凡人は小欲なり、聖人は大欲なり。――達人はいかに。
飛天弓 柳を強く欲する、その理由とは。

発売されてからこれまで『飛天弓 柳』は“通好み”として多くのベテランへら師に語られてきた。ところが杉山氏は承知のうえで(否定することなく、むしろ、その対象者を含めている)、釣技向上の目標を掲げている層にも推薦している。矯正という言い方は誤解を生じるが、釣りの姿勢を正せるへら竿という意味に受けとれた。
杉山氏の話を広義的に受け止めれば、多くのへら師が『飛天弓 柳』を愉しめる対象となり得ることは理解できた。では、ユーザーの多くが店頭で質問してくる「この竿は引けるのか?」という問いに対しては、どう考えているのだろうかと投げかけてみた。
「独断と偏見で言わせてもらうと“ためて引ける本調子が進化したら、少し胴調子によりつつ曲げて引ける竿が誕生した”ということ。竿の選択肢が増えたことで、自由自在に近づき、釣りは広がった。たとえば試釣から継ごうと思っている長さが決まっていても、いざ釣ってみて当日の釣況から『飛天弓 皆空』『普天元 独歩』そして『飛天弓 柳』」と竿を替える(仕掛けを付け替える)という調整ができるのは、釣り人として嬉しい。個性がない同じような竿を持っていては、これができない。さて、肝心な調子の話だが、たしかに大きく曲がるけれど、私は、これを“軟らかい”とひとことで表現する気にはなれない。かつて軟調と言われた竿は、ちょっと気の利いた魚がきて絞り込まれたら曲がったら“曲がりきった感”が出てしまい上がってこなかった。しかし新製品『飛天弓 柳』は一見、曲がっているようで余力を残しており、曲がってからの立ち上がりがすばらしい。私にとってサプライズだったのは“胴調子なのに沖で魚が顔を出す”というリフトアップ力だ。先調子で前が軟らかく胴が強い竿だと、沖に魚の顔を出しやすいのは“先で受ける”強みだった。しかし最新工業技術を持ってすれば、竿が先受けしなくても、沖で魚を浮かせられることが証明された。基本構造『スパイラルX』(『スパイラルXコア』)の効果を感じさせる。曲がる竿はバレにくいというのは、単純にショックアブソーバー(緩衝効果)やテンションキープ(張力維持)だけでなく、曲がる分、釣り人が無理に引っ張らなくていいことが理由に挙げられる。逆に硬い竿だと、喰わせた魚へ、ずうっとストレスを掛け続けている。この差が明確になるのは“1回止まってからのハリ外れが起こらない”ということ」

「たとえば高野竹などは肉厚、細身、軟らかめな印象から、たおやかな釣り心地を演出してくれます。従来のカーボン製品と比較したら弾性の違い、振動回数が少ないなどといって話を難しくしがちでした。この解釈を“魚が起こしている振動を、釣り人へ少なく伝えている”と考えてはどうでしょうか。魚の動きが細かく人へ伝わってきたら、その動きに対して釣り人は、その都度、どうにかしなきゃいけない。逆に考えたら魚へも釣り人の動きが伝わって抗わせており、それをイチイチ対応していくと“対応の反応”が連鎖して、結果としては余計に魚を暴れさせてしまうんです。高野竹のように“少なく伝える性能”ならば、魚の抵抗は最小限になるということです。もちろんカーボンでも、その性能は表現できていて『特作 一天』などは、まさにそういう製品だったと思います。それからシマノへら竿は、ますます進化を歩みました。『飛天弓 柳』は、釣り味を損なうことなく、余計に暴れさせないで取り込めるから、結果的に取り込みがスムーズになります。これは新感覚の引ける竿ということではないでしょうか」

従来の軟らかい竿でのされる苦い経験は、すでに過去の性能であり、最新のへら竿『飛天弓 柳』は“引けるから、心配せずに振り絞って欲しい”というのが杉山氏の提案だ。
「ともかく釣り人が意識して欲しいのは“竿を曲げること”だ。意識的に曲げて愉しめるのは、カーボン竿の魅力と思っていい。曲げてこそ、機能が発揮される。“竿が曲がっている状態で、速やかに魚を取り込める”ことが、竿の真価を語る基準になりつつある。私は、ここに『スパイラルX』(スパイラルXコア)の価値があるように思う。『飛天弓 柳』は曲がってからの働き方を愉しむ竿であり、私たち釣り人は“曲がる竿を、意識的に曲げる”使い方で、その魅力や性能を引き出す使い方をしていくべきだと思う」

“細くて軟らかい”に侮ることなかれ。『飛天弓 柳』は隼人大池のスーパージャンボだろうと、沖で顔を出させるパワーを秘めている。

飛天弓 柳』を使い込むことで、竿が仕掛けの性能を引き出し、釣り人は竿を含めた釣りに関わる総合的な性能を知ることができる。
早く手に入れ、長く使う。『飛天弓 柳』を使うことで、見過ごしてきた何かに気づけるかも知れない・・・。

シマノインストラクター
杉山 達也

1978年、栃木県生まれ。
03年シマノへら釣り競技会 浅ダナ・チョウチン一本勝負!優勝。シマノジャパンカップへら釣り選手権大会は05年準優勝、07年優勝、08年準優勝。 他、多数入賞。神の右手と称されるエサ合わせの妙技により、飛沫を上げ続ける姿から、人呼んで「スプラッシャー」の異名を持つ。

PAGE TOP