へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~岡田 清編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。
平成の多冠王・鉄人・岡田清名手が『飛天弓 柳』で、盛期に平日のカッツケを実釣しました。

青空に描かれる美しい曲線も『飛天弓 柳』の特長だ。

曲がって魚が上がってくる、軟らかでもシャキッとした芯が通っている

多冠王と呼ばれる岡田氏へ「どんなへら竿が好きなのか?」と訊いてみたところ「水切れのいい竿が好きだ」と即答だった。では『飛天弓 柳』はどうなのだろうか。岡田氏は「“水切れのいい竿が好き”だといったら、硬めの竿が好みだと誤解される」と『飛天弓 柳』を継いで、その感触に笑みをこぼす。
「たとえば、硬い竿でチャカ(浅ダナ)といっても、最早、現代は、どこへ行っても小さいのを何百枚も釣るカッツケ釣りの時代じゃないことはご承知のとおりだ。今、そんな釣りは成立しないし、昔のカッツケ竿みたいに魚が飛び出すような超硬調でやろうものなら仕掛けが持たない。仕掛けというのは竿が曲がってくれるから切れないわけで、へら竿は曲がることが大前提だ。つまり魚を喰わせて、仕掛けと竿に重さが乗った瞬間“竿が曲がっているか(働いているか)”どうかで、すでに勝負が決まってしまうともいえる。このとき、へら竿が働いて仕掛けへの負担が軽減されたら、相撲ではないが“立ち会いで釣り人の勝ち”なのだ。カッツケはウキ下が短い“水面の釣り”で、竿が立つ前に走られた場合、仕掛けが目いっぱいに張られてしまうから、曲がりが間に合わず切られやすい。まだチョウチンはアワせたときに魚の抵抗が胴へ乗るので、比較的どんな竿でも早めに働きやすいが、曲がりの遅い竿だと浅ダナでは時間が許さない。喰わせた魚に関わる全荷重が仕掛けへかかる前に、竿が力を受け止めて、仕掛けの負担を軽減させたい。私は、それが可能であることが前提の“水切れのいい竿が好き”なのだ」

竿の働きは早いから、沖に走られても魚を止められる。

「この調子で、ここまでの水切れ感は期待を上回った」

この岡田氏が言っている“曲がりが早いのに水切れはいい、へら竿”が『飛天弓 柳』を指していることは、今さら説明不要だろう。
取材当日は、神奈川県の管理釣り場『寺家ふるさと村 熊の池』にて、暑い平日にカッツケ釣りを披露していただいたが、水面で飛沫を上げるほど魚は沸かなかった。魚影で黒々とした水面に立つウキが、魚の水流でグラグラと揺れる程度で、ひと呼吸置いてツンとアタるような、ある意味“落ちついて釣れるカッツケ”となった。
「最近のカッツケ釣りというのは、こんな時合いだ。魚が落下するエサを見ているような余裕があって、この間(ま)がある限り早くはならない」
だとすれば両だんごでありながらもモヤモヤしたイトズレのなかで少し待つようになり、いきなりきちんと縦にアタる動きが現れるような“スローテンポなのに油断できない釣り”となる。
それを、硬い竿でガンとアワせようものなら、まったりしていた魚はビックリ仰天、まるで鞭を打たれた競走馬のように水面近くを滑走して、竿は曲がることができずに仕掛けは切られてしまうことだろう。
ところが岡田氏は意識的に肘を曲げず手首でアワせ、竿の曲がり(腰)でフッキングさせるかのような行動に出た。これは天然素材が主流だった昭和初期から受け継がれてきた“へら竿の扱い”としては“手首アワセ”と呼んで、仕掛けや道具を傷めるとタブー視(禁忌)されてきた所作だ。しかし思い起こせば、このアワセ方は中京の濱嶋勇名手も『飛天弓 柳』に限っては行っていたし(濱嶋氏の場合は、強く引き込む魚に対して竿を立てるため、極端なときには右手ごと握りを水没させることもあった)、現代ヘラブナ釣りでは禁忌と言うわけではない。それどころか“もっとも早く竿を働かせる方法”として、推奨したいアワセ方になりつつある。

あえて手首アワセをして、早く『飛天弓 柳』を働かせるという方法もある。

リャンコ(一荷)でも楽々と取り込めた。

そんな岡田氏は、何十枚も愉しんでから『飛天弓 柳』の感想を語ってくれた。
「8尺でカッツケをしてみたが振り込みがしやすくて、竹意識ではなくカーボンらしい軟らかさを感じた。カーボンらしさというのは“軟らかさのなかに強さ”を感じる点で、これは競技で使える頼もしさに通じる」
岡田氏は『飛天弓 柳』の面白さを理解した上で、あえて“遊ぶ余裕を排除しがちな真剣勝負”になってしまう“競技”の使用にも耐えうる性能を感じたという。へらぶな釣りにおけるユニークとシリアス、面白味と真剣味は両立することを『飛天弓 柳』は教えてくれている。
「軟らかくて水が切れず、穂先を上げるたびに穂持ち以下がびょ~んびょ~んする竿は苦手なのだが『飛天弓 柳』は違う。私は“歳をとってもチャカのやれる年寄り”でいたいと思っている。今までだったら『普天元 独歩』系統が、そのときの愛竿になるだろうと思っていたが『飛天弓 柳』こそが長くチャカで付き合う竿になりそうだ。“細身でしなやか、しかも強い”竿は、チャカの釣りでこそ本領を発揮すると思う」

ハイパワーXとスパイラルXコアの効果は絶大だ。

今までのつきあいから岡田氏の好みは知っていたつもりだったが、正直『飛天弓 柳』をここまで気に入ってくれるとは思わなかった。
「こう話しながら何枚か釣っていて思ったのだけれど、水切れ感覚以上に“大きく曲がっても上がってくる”から好きなのかも知れないと気づいた。この曲がるのに上げられる感じが、筋の通った芯の強さを感じるし、細身の外観もあってシャープな印象も受ける。軟らかいのにシャープだなんて不思議だけれど、シャキッとしている感じがする」

曲げながら、ためながら、引き寄せる。

こうした『飛天弓 柳』のユニークな新感覚が、岡田氏の琴線に触れたのだろう。
「具体的に言うと“急発進で走られても、ハリスが切られる気はしなかった”ことも、ひとつの理由。私の使い方としては8尺のカッツケは『普天元 独歩』から『飛天弓 柳』へ変えることになりそうだ。10.5尺は、中尺で浅ダナをするとき全般に使えそう。12尺は10.5尺よりシャキッとしていて、短い方から考えたら長さの割にピンと張りがあるので沖打ち~チョウチンまで面白そうだ。“軟らかいのにシャキッとしている”意味を、もう少していねいに説明すると“軟らかい=愉しめる。操作性能が高い。曲がることで繊細な釣りができる。竿の実力が素早く発揮される”“シャキッとしている=ためられる。引ける。試合で使える”という感じだ。これら『飛天弓 柳』の調子は、竿の弾力でエサを運ぶように振り込めるのもメリットだ」

深く絞り込まれても『飛天弓 柳』の働きで、釣り人の腕には、まだ余裕が残る。さらに引き込まれたら、そこでようやく肘と手首の曲がりを使ってもいい。走る魚が「参った」と観念するまで、魚の引きにつきあえる竿だ。

ここまで熱い気持ちで解説した後、岡田氏はハッとして「うっかりチャカばかりの話をしてしまったが、底釣りも愉しいことは間違いない」と付け加えた。
岡田氏といえば、当然ながら輝かしい成績を修めた“競技者”として注目されがちなのだが、実は最近のメディアで野釣りをするシーンも頻繁に見られるようになり、ここのところ岡田氏のイメージが変わりつつある。
もしかしたら野釣り場で『飛天弓 柳』を出して、水底からコンコンと小気味よく底釣りの引きを愉しんで釣り上げる、岡田氏の姿を見かけるかも知れない。

シマノインストラクター
岡田 清

1968年生まれ、神奈川県横浜市在住。
シマノジャパンカップへら釣り選手権大会は01年、02年と連覇し、03年は準優勝、09年に3回目の優勝をした。ジャパンカップと同様に予選会のある全国大会で通算7度の優勝を記録。「日本最強のトーナメンター」またの名を「鉄人」「トーナメント・モンスター」とも呼ばれる。

PAGE TOP