へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~西田 一知編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿について語ります。
竿の物語だから、竿譚(かんたん)。
深宙両だんご使いの黒い弾丸・長尺横綱こと西田一知名手は『飛天弓 柳』について、以下のように述べました・・・。

「曲がる、吸収」で魚を取り込む。働くへら竿は、釣り人が疲れない。

科学の力を用いて、自然の力を満喫する。工業用品の釣具で魚を釣るというのは、そういう解釈も可能なようだ。西田名手は、所属会の例会条件から野釣り場を主な釣行先としているため、舟釣りが多く、使う竿はいわゆる長尺になる。たしかに竿の長さで生じる優越感に似た面白さは格別なのだが、物理的な負担は免れない。そうしたなかで“科学の子”であるカーボンへら竿は、著しい軽量化を推進してきた。長尺は軽さですべてが許された時代に、圧巻ならぬ熱竿の釣りを魅せてきたのが西田名手である。だからこそ、まずは『飛天弓 柳』も長尺の仕上がりが気になっていたという。
「月例会を含めて野釣り釣行の多い私が気にしたのは、長尺の仕上がりだった。“細身で軟らかい18尺”という言葉に、竿が長くなるほど強くなる“かぶる”印象や持ち重りを懸念する人もいることだろう」
そうなのだ、まさに長尺で懸念されるのは西田名手の指摘した問題だ。購入を考える釣り人が抱く「『飛天弓 柳』の長いところは、どうなんだ?」という疑問は、これまで魅力的な性能として挙げられたものが、ここでは不安となって禁じ得ない。
しかし心配無用。そこは、まったく案ずるにはおよばない。
「たしかに『スパイラルX』、『ハイパワーX』を搭載せずに細身にしたら、垂れて張りのない、魚が上がってこない竿になってしまったはずだ。“全身X構造”の効果はてきめんで、硬さランク3を感じさせる釣り味と、それに反して硬さランクを感じさせないスムーズな取り込みが両立していた。要約すれば“軟らかいけれど立ち上がりがいい”そして“長尺の竹竿に似た、魚の引きに対する反動を吸収する性能が発揮されて、なおかつ天然素材よりも振り軽く疲れない”という感想だ」
元来、長尺は物理的な長さによって深いタナから釣り上げるという何ものにも代え難い快感を得られるので、誤解を恐れず言ってしまえば昭和~平成は“竿自体が軽ければいい”という少々粗い考えが横行していた。しかし、ときは令和。釣り人の価値観は成熟を極め、長さの味と竿の軽さでは飽き足らず、それに答えるべく製品は進化を余儀なく求められる時代になった。そんな令和の釣り人へ贈る、贅沢な竿。それが最新技術の粋を結集させた『飛天弓 柳』なのである。西田名手は、この両立を語ったのである。

同じ18尺で『飛天弓 柳』と『朱紋峰 嵐月』の径を確認。同尺で、これだけの差がある。

「なおかつ、スローテーパーだからエサの重みを常に感じられて振り込みがしやすいことも付け加えたい。エサの重みが握りから伝わってこない竿は、振り込みがしにくい。それはエサの重みに対して、穂先ではなく穂持ちより手前の働きが重要だ。振り込みがしやすい竿は、向かい風でもエサ打ちがしやすいことへ繋がる。『飛天弓 柳』は調子で風を切れる竿だと感じた」
丈夫な穂先が功を奏する結果は、使用者が振って、取り込んでこそ明確化される。たとえばエサの重みというのは、釣り人が竿から伝って得るものであり、感じなくなったときエサの重みとともに振り込みのコントロールも失うことになる。主に感覚が消失する原因は向かい風などだが、その環境でエサの重さが消えなければ投餌のコントロールは保たれており、それが“向かい風に強い風を切る竿”と評価される。西田名手は『飛天弓 柳』を、高く評価したのだ。

操作性も高く、振り込みもしやすい。

この『飛天弓 柳』を西田名手は、どんな釣りで使っていくのか訊いてみた。
「私が勧める釣り方だが、まずはチョウチン釣り。ガツガツ釣るのとは違い、魚の引きを味わいながらという余裕のあるシーンにいい。竿が完全に立っても緩やかにしなっている(張りが利いている)から、サオ先のクルクルもないし取り込みがしやすいのだ。この“竿が曲がっているときに魚がすくえる”という最大のメリットは“バレにくさ”である。それから、沖めの浅いタナもいいだろう。1~2月の季節風が気になる時期、風を切って振り込み精度を高めたいし、魚も強くは引かないから勝負竿になる。それからヒゲチョウチンもいい。短ハリスの設定になりがちだが、穂持ちの働きでハリス切れが減少すると思う。総体的に見た感想としては“バラしにくい”ということ。軟らかい竿でも“手前(取り込む寸前)”に強い」

大型も、充分に愉しんで取り込める。

つまり『飛天弓 柳』の“愉しめる調子”は“バレにくい”という性能も発揮していることになる。
「そもそも“竿を引く力に対して魚は抵抗する”わけで、釣り人と魚が引き合う力を中間で竿が吸収して“力のバランスを取っている”から取り込みが速やかになる。竿が曲がる、というより穂持ちが働き続けることで竿から多くの恩恵がある。だから竿を持ったとき、少し穂持ちが垂れるくらいの方が高性能を発揮すると思っている。曲がった竿は戻ろうとする力があり、その力が早いほど魚に暴れさせるし、スローなほど素直に取り込める。そして強く引けば、釣り人は疲れるもの。竿が硬くて力を吸収しないと、人間が竿の代わりにその力を吸収して腕が疲労する。竹竿は“曲がる吸収”で魚を取り込めている。だから竹竿は疲れない。カーボン素材の軽さで竹の振動に近いなら、それは理想形のひとつと言えるだろう」

取り込む最後の最後まで、じっくり余裕をもって愉しめる。

西田名手は、これまでカーボンへら竿が目指してきた目標の答え、理想形のひとつが具現化したものが『飛天弓 柳』だと言っている。
みなさんには、舟か桟橋の釣りで水深が十分にあって長尺の深宙が愉しめる、お気に入りのヒーリングポイント(癒やしの釣り場)にて『飛天弓 柳』を絞り込むご自身を想像していただきたい。西田名手の言わんとしている魅力が想像できるはずだ・・・。

丈8深宙で大きく撓らせながら、ゆとりをもってこんな良型を上げられる。

シマノインストラクター
西田 一知

1969年生まれ、東京都在住。
関東へら鮒釣り研究会で97年、09年、10年、11年に年間優勝して史上5人目の横綱位に就く。09年シマノへら釣り競技会 野釣りで一本勝負!! 第3位。30尺の使い手で長尺の釣技に長ける。「関東へら鮒釣り研究会」「コンテンポラリー・リーダーズ」所属、「KWC」会長。

PAGE TOP