へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

超深宙×豊英湖
西田一知がいざなう、深淵なる超長竿の世界【後編】

西田 一知の代名詞といえば、やはり「超長竿」。
名門釣り会で数々の実績を残してきた超長竿による速攻の底釣りや深宙は、西田ならではのキレ味。そして、超深場から野べらを抜き上げてくる釣り味は、唯一無二。
「今日は久しぶりの豊英湖です。深場の釣りを愉しみたいですね」
歴史と伝統の重みを感じさせる房総の雄、豊英湖(とよふさこ)。
下流の三島湖と並び称される名門中の名門釣り場は、春の乗込みシーズンを目前に、巣離れを終えた深場の良型達が活発に動き出していた。
名手・西田 一知、「超深宙」で存分に魅せる。

前編記事はこちら

バラグル超速攻でのこだわり

そののんびりとした力の抜けた所作とは裏腹に、西田の釣りは実に攻撃的だ。
バラケは先端付近までしっかりとナジむ。ジワリと返し始めるが、下ハリスはまだたわんだまま。そこからが勝負で、下ハリスが真下に張り切るまでに出る小さく鋭いアタリに積極果敢にアワせていくのだ。
「バラケが付いている時のアタリも積極的に狙っていきます。この深いタナだと、そもそもへら鮒達が『いたいと思う』タナなので、ウワズりにくいんですよ。それもまた、超長竿で釣るメリットですよね。迷わず超速攻で攻められるんです。それでもしもウワズってアタリが飛んでしまうようなら、竿を短くすればいいんですよ。」
バラケが付いている時に加え、ナジミキワから濃厚な気配を感じた時は、バラケがナジんでいく途中のアタリさえ積極的にアワせ、喰わせていく。その様はまるでハリケーンのようだ…。
開始から 1時間、早くも5枚を突破した西田は、さらにギアを上げていく。
その間、ウキの動きに合わせて下ハリスの長さを微調整。65cmで入ったところ、最終的には70cmに落ち着く。
「65cmだとアタリが少ないですね。70cmでちょうどいい感じです。75cmにするとスレや空振りがグっと増えてしまいますから。」
早いアタリで淡々と元気な放流物のアタリをとらえていく西田。軽いグルテンエサの特長を生かした速攻の釣り…なのだが、ここで筆者はあらためて気づく。西田の下バリは「セッサ」の3号で、この釣りにしては重めなのだ。
しかしここに、西田の「こだわり」が秘められていた。
「いろいろ試したんですが、自分の場合、この釣りで下バリを軽くしていっていい思いをしたことがないんですよね。開き系(膨らみ系)のグルテンで早いアタリを出したということもありますが、ハリは重めの方が早いアタリがはっきりと出て、乗りもいいんです。これは自分の小さなこだわりですね。」
切れ味鋭い超速攻のアタリが続く。そして、待望の良型も交じり始めた。

勝負は下バリのグルテンが倒れ込み、下ハリスが張り切るまでの西田ならではの速攻の釣り。強くサワればバラケがナジみきる前のアタリにも積極的に手を出していく豪快な釣りが、霧雨の森の中で炸裂する。

クワセのハリとしては大きめ(重め)の「セッサ」3号を使用する西田。特にバラグルではグルテンの軽さを生かして軽いハリをチョイスするアングラーも多い中、西田は重めのハリにこだわる。その理由は比較的開き(膨らみ)のいいグルテンを使いたいためと、適度な重みで下ハリスのアタリの伝達力を高めたいため。特に超速攻で狙う西田のバラグルでは、軽過ぎるハリではアタリが伝わりにくいのだ。

まさに名手・西田一知の真骨頂。超長竿の深宙で、力の抜けた静かな竿操作から、超速攻のアタリでズバっと決める。一瞬にして「静」から「動」へと切り替わる迫力は西田ならでは、そして、へら鮒釣りならではだ。

静かな深い森の中、西田の釣りが決まる。待望の良型地べらが交じり始める。

良型地べら、勇躍

絶え間ない霧雨は時折その雨足を強めたが、西田はパラソルも差さずに深淵なる豊英湖の釣りに没頭していった。
「やっぱり下ハリスは張り切ってからのアタリはダメですね。そもそもアタリが少ないし、アタっても違和感があるのか、全てカラです。」
アタリを見切った西田は、さらに釣りの回転を上げていく。
10時、15枚をクリア。枚数的には順調そのものだが、ここまで、小ぶりな放流物が主体だ。ただそれでも十二分に贅沢な釣りではあるのだが…。
雨に濡れながら奮闘する西田の頑張りが、天に通じたのか、ここから雰囲気が変わり始める。
「地べらが寄ってきてますね。ウキの動きが変わってきましたよ。」
ナジミ込みから強いサワリが出て、そのまま連動して「チクッ ムズッ」と小さく刻むのが放流べら。
それとは違い、深くナジんだトップがいったんは静かになり、そこからジワリと返し始めてから「タンッ!」と強く大きくアタると、それまでとは異質の引き込みが「閃光L」を襲う。
地べら化した尺上の良型が交じり始めたのだ。
「ズバッ!」
濃緑の湖面を鋭く切り裂くアワセが決まり、竿が容赦なく水中に引き込まれる。握りの上に左手を添えてそれをいなし、ゆっくり、ゆっくりと竿を立てていく――――――。
頭上に張り出した枝に気をつけながら、ゆっくり、ゆっくり…。
「ガボッ…!」
静かに吸い込まれた瞬間、我に返ったへらが激しい水飛沫をあげる。
「あのアタリはデカいですね。いやぁそれにしてもいいへらだなぁ。これが釣れれば申し分ないですよ。」
バラケは硬めのネバボソを基本に手水で微調整し、アタリがボケたら硬い基エサを少量合体してしっかりとナジミを出す。そんな基本に忠実な対応で、放流べらと地べらを交互に絞っていく西田。
「夢中」な時間は 14時まで続き、35枚をカウントしたところで納得の表情で竿を仕舞った。趣のある豊英湖での「超深宙」。名手の表情には満足感が溢れていた。

豊英地べら、勇躍。

地べらが交じり始めると、アタリの出方で見事に釣り分けていった西田。このあたりはまさに百戦錬磨で。放流物を釣りつつ、要所では大きなアタリで良型地べら…という、申し分のない釣りが展開されていった。

釣りを終え、舟着き場へと引き上げてくる西田。その表情には満足感が溢れていた。

西田 一知
シマノインストラクター
西田 一知

1969年生まれ、東京都在住。
関東へら鮒釣り研究会で97年、09年、10年、11年に年間優勝して史上5人目の横綱位に就く。09年シマノへら釣り競技会 野釣りで一本勝負!! 第3位。30尺の使い手で長尺の釣技に長ける。「関東へら鮒釣り研究会」「コンテンポラリー・リーダーズ」所属、「KWC」会長。

PAGE TOP