へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~中澤 岳編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。
少年のような好奇心からくる“ひらめき”と、熟年らしい“いぶし銀のテクニック”を駆使する“想像と工夫”の中澤 岳名手が『飛天弓 柳』の魅力に迫ります。

中澤氏にとって『飛天弓 柳』はお気に入りの調子。
放っておいたら、いつまでも釣っていただろう。

バラさず効率よく釣れる竿 へら師の釣技が竿の機能として備わっている

ほっそりして美しいことを繊麗(せんれい)といい、それはしなやかさを表している。繊麗で“たおやか”ではあるが“しとやか”ではなく“たくましい”。それが『飛天弓 柳』という、へら竿だ。
趣をかえて洋風に表すならば・・・。
ファンタスティック(fantastic)な『飛天弓 柳』はFantasy stick・・・。
最短8尺辺りだとロッドというよりスティック感覚で振れる気軽さがあり、小粋なへらぶな釣りが堪能できる。こうした短いところも、長めの18尺も『飛天弓 柳』が目指したのは“味わいのある繊麗さ”。それは、ひとたび味わえばブラボー、ファンタスティックと歓んでいただける感触だ。

空にアーチを描く爽快感。

これまで、そうした風味抜群のへら竿といえばベテランは天然素材の銘竿を挙げられるだろう。新製品『飛天弓 柳』は、それを凌駕すべくシマノがカーボン素材で新境地に挑み、ついに実現したファンタスティックなへら竿なのだ。
このような、従来品では例えようのない夢幻的な“しなやかさ”を中澤岳氏が説いた。
「8尺3継で元径が7.4mm、9尺3継、10.5尺3継、12尺4継、13.5尺4継、15尺5継、16.5尺5継、18尺5継で元径が9.3mm。単純に『朱紋峰 嵐月』9尺と『飛天弓 柳』18尺の元径が同じ太さと聞いたら、どう思われるだろうか。稀に見る、しなやかさを生み出しているのは、こうした外観の細さにも表れている。“しなやか”といってもカーボン素材で解釈した“しなやか”さであり、天然素材でいうところの“それ”ではない。だから“しなやか”のなかにカーボンらしい反発からくる張り感が活きている」

軟エサの振り込みも、竿がしなって楽らく投餌。

天然素材では道具が傷まないように遠慮しがちになる“アワせてから取り込むまでの絞り込まれる一連操作”で生じる負荷(負担)は、現代のカーボン製品だったら気にしなくていい。そう考えたらカーボン素材は、いみじくも物理的な軽さだけでなく気軽さも実現した素材といえる。
強さに必要な“厚み(肉厚)”を維持して細く仕上げても、元来の素材が軽いために、釣り人への負担は少なく、釣り味は濃い。これは「塩分が控えめなのに味がいいから、食べても健康へ影響しない」食品のようなもので『飛天弓 柳』もまた“愉しめるのに疲労しにくい”“味がいいのに身体に優しい、へら竿”として、多くの人に振っていただきたい、カーボンだからこその“でき映え”となっている。これを踏まえて中澤氏は話を続ける。
まずは・・・
「カーボンだからできた“しなやか”さは、実に多機能である」
と5つの働きを挙げた。

  1. 喰い渋り時には、思いきった細仕掛けが使える。
  2. 竿が曲がるから味わいが深まる。
  3. 竿のしなりを使って振り込みがしやすい。
  4. 魚を暴れさせずに取り込める。
  5. 釣り人の手に対する負担が軽減される。

「ざっと挙げても5つの機能が発揮されている。この効果は“今まで釣り人側の『釣技』として補ってきた技が、竿に搭載されている”からだといっても過言ではない。私は、このしなやかさの優位性を確認したくて、実釣では底釣りを試した。へらぶな釣りの基本であり、わびさびを感じさせる釣り方だからだ。もちろん大正解。実に面白い釣りができた」

良型の引きを愉しめて、なおかつ取り込みはスムーズ。

いわゆるペレット系だんごエサの底釣り“ペレ底”だったが、アタリをアワせた後、ためることで喰わせた魚に引き込ませて『飛天弓 柳』を“魚に曲げさせよう”と意識していた。軟調さだけの竿であるなら、釣り人が遊ぶどころか、いいように魚に遊ばれてしまい持て余してしまう。ところが『飛天弓 柳』はアワせたときの衝撃を吸収して、コクのある曲線演出によって魚釣りの醍醐味を愉しませてくれる。中澤氏は、すっかりハマってしまい、おそらく声を掛けなければ、いつまでも釣り続けていたことだろう。

アワせてため、魚に竿を曲げさせると、ちゃんと沖で上がってくる。
単に軟らかいだけの竿だったら、魚に遊ばれてしまい上がってはこない。

「それから長年、私の代名詞になっているカッツケ釣りも記者からリクエストがあったので試した。カッツケ竿と聞いて硬い竿を想像する年輩者もおられるが、当時は魚が小さくて仕掛けが切られることはなく強引な方法で速やかに取り込むことができたし、なにしろアタリを取るとき胴が曲がると都合が悪かった。だから“カッツケ竿”はガチガチロッドだったのだ。現在は良型主体だから濃密に寄らないし、アワセ時の緩衝効果がある竿で魚群からソッと抜いてくるように引き離し“釣りのスタイルによる掛かりの浅さ”から胴に乗る竿の方が効率はよくなった。『飛天弓 柳』はアワせた瞬間に手元までしなって胴が利くから、バラしが少ない。そもそも、しなる竿は手元の小さな動きも穂先を大きく動かすから、ハリ掛かりはいい傾向があるのだ」

飛天弓 柳』は、しっかりフッキングでき、調子の効果でバレにくい。

こうして中澤氏によって底釣りだけでなく、カッツケ釣りでも『飛天弓 柳』の性能は申し分なく発揮された。
“強くしなやかでねばりがあることを強靱”“しなやかで強いさまを柔靱”というが『飛天弓 柳』は、強靱かつ柔靱なへら竿であり、使用者の好み(釣り方)に対応する用途の広い製品であることが、この実釣からも明らかになったのだ。

軟らかいのにリフトアップ効果は高く、魚が沖で上がってくる。

シマノインストラクター
中澤 岳

1955年、茨城県生まれ。
86年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会準優勝、マルキユーゴールデンカップ優勝。06年と12年JC全国進出。07年と11年にシマノへら釣り競技会 野釣りで一本勝負!! 優勝。大学時代に学釣連大会の連覇記録達成。「関東へら鮒釣り研究会」所属、「クラブスリーワン」会長。

PAGE TOP