へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~小山 圭造編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。難しい話は抜きで、まずは名伯楽、小山圭造名手が『飛天弓 柳』を語ります。

鞭(むち)のように撓る『飛天弓 柳』。

竿は腕の延長であり、仕掛けの延長。へら竿の原点へ立ち戻る胴調子。

令和の初夏、小山名手は千葉県柏市の管理釣り場『清遊湖』で『飛天弓 柳』を振った。
「しっかりしている竿だと思う。今は、釣り会の月例会も管理主体の時代だと思うから、浅いタナ~チョウチン、底釣りまで全部愉しめないと、いい竿とはいえない。それを踏まえても『飛天弓 柳』はいい竿だと思う」

細身でしなる、沖で浮かせられる強靱さ。

しなりを感じながらも、魚を引こうとしたとき筋の通った確かな手応え“強靱さ”を感じた小山名手は、意外な表現を発した。
「結構、細いけれど、しっかり張りがあって、竹竿も好きな私にとって、竹竿的な評価でいうならば“硬式胴調子”だと思う」
製品のキャッチフレーズは『軟式胴調子』と謳い、大きくしなる表現を目の当たりにしながら“硬式”という響きに戸惑いを覚える関係者をよそに、小山名手は続けた。
「細身であると軟らかい想像をしてしまうが、実際に振って引いてみたら違う。いい型だと、のされるのかと思ったら釣り人の意志で引いて、しっかり取れる」
“引ける竿”という言葉で連想する調子の、勝手な思い込み・・・小山名手は曲がる竿で引いてみせ、それが竹竿的に硬式だと説いたのだ。

アワセは鋭く決まるが、反動は少ないので手に優しい。

「今は、タナでサオの長さを選ぶのではなく、欲しい性能でサオを選ぶ時代。1本でなんでもこなすのではなく、特性を活かしたサオ選びができる。私にとって“へら竿は釣るだけの道具ではない”という思いがあり“面白くなくては、へら竿ではない”と考える。『飛天弓 柳』には、この細さで型を問わずに愉しめるという、意外性のある面白さがある」
“細くてしなる、しかし、しっかり引ける”というのが『飛天弓 柳』の意外性、そして愉しさだということだ。

魚にも優しく、暴れさせずに素直に取り込める。

小山名手は続けた。
「それから、へら竿の機能として“竿は腕の延長である前に、仕掛けの延長でなくてはならない”という考えもある。へら竿として、ギュッと走られて切られてしまう瞬間に竿が働いて堪えてくれるのは大切な性能だ。仕掛けを援護するのも、竿の役目だと思っている」
なるほど“喰い渋り時に、喰わせられる細仕掛けにしても竿が働いてハリスが飛ばない”ことにより“今までどおりだったら釣れなかった1枚が釣れる”という、その価値は大きい。
話が通じたと理解した小山名手は、笑顔を浮かべて消し込みアタリをアワせると『飛天弓 柳』と一緒に身体も曲げ、沖へ走る魚を悠然と受け止め余裕綽々に取り込んで見せるのだった。

良型のリャンコ(一荷)も、もたつかないで取り込める。
飛天弓 柳』は、優しさと強さを両立している。

シマノインストラクター
小山 圭造

1942年生まれ、東京都在住。
名門・浅草へら鮒会で年間優勝3回、3位入賞2回。 個人の記録としては、豊英湖で213枚、分川池で126kg。
この頃に故・門倉親水氏から「激釣」「速攻」と呼称される。
「浅草へら鮒会」会長、「山水へら鮒会」会長、「KEIZO CLUB」会長。

PAGE TOP