へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~伊藤 さとし編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。難しい話は抜きで、慧眼のへら師・伊藤さとし名手が『飛天弓 柳』を語ります。

構えて、アワせて、いなして、取り込むという動作に違和感なし。

魚の動きを、すべて感じられる愉しい竿 静かに竿を伝う、雫に見惚れる

埼玉県さいたま市の『武蔵の池』は水深4mということもあり、伊藤さとし名手はチョウチン釣りをするため『飛天弓 柳』10.5尺を選択した。サオを継いで、あっと言う間にエサを合わせて1枚を上げてみせた伊藤名手が言った最初の感想は「身体の一部かと思うほど、構えて、アワせて、いなして、取り込むという動作が違和感なく行える。最早、竿の操作ではなく、人の仕草と呼べる自然さだ」だった。
普段から“いい釣り竿は握っている感覚を通り越して、腕の延長のように扱える”と説明してきた伊藤名手が『特作 伊吹』『朱紋峰 本式』に次いで『飛天弓 柳』も“延長系”の竿だと評価したのだ。
そういえば伊藤名手は、こうした“延長系へら竿”を使うとき“竹竿由来の、竿尻を握り前方へ腕を伸ばして穂先を上げるアワセ方”をせずに、あえて御法度とされた“手首アワセ(手首返し)”をしていた。その方が竿を早く働かせる(しならせる)ことができ、結果的に余すことなく性能を引き出せるのだという。

小さいアワセがしっかり利く。

そうしている間も、魚群が濃密なのかアタリは続いた。
「喰わせた魚がおとなしく静かに魚群から抜かれてくる印象を受けた。楽しいというより愉快な“愉”しい竿」
説明どおりに伊藤名手は魚群を散らさないで、あたかも魚群塊の縁を薄く削るように、泰然自若として何枚もの良型を取り込んでいった。余計に魚を暴れさせないから、スムーズで手返しがいい印象も受ける。
「硬調の引ける意味とは違い、曲がるから引けるというのは基本構造『スパイラルX』と『ハイパワーX』の相乗効果であり、最新技術が搭載されていながらクラシックな味わいがあるのは面白い。決して奇をてらったものではなく、理想のへら竿を自然に求めたら辿り着いた竿だと思っている」
つまり、へら竿伝統の釣り味を、最新工業技術で受け継ぐと『飛天弓 柳』に到達したということだろう。

穂先を伝う水滴、その感触も心地いい。

「私が感じた製品対象者は、へらぶな釣りを長らく愛好してきた“違いのわかるベテラン層”だ。豊富な釣り経験を振り返りながら、もう一度、愉しめる竿で釣りをしたい人に勧めたい」
カーボンへら竿よりも竹竿の方が優れていると考える、竹竿信奉者がその対象であることは、いわずもがなだ。
「それから、硬さランク6~8の硬調先調子を愛用している人にも、こういう釣りがあったのかと気づくきっかけに振ってもらいたい。いわゆる“硬調先調子好きな人”に“引ける”という意味を、今一度考えてもらう機会になるだろう。腕力で引くのではなく、竿を曲げてあげるという感覚。美しい曲線を描く快感を味わいながら、手応えの心地よさに酔う。繊細な仕掛けで静かにアワせて、そっと玉網へ入れる(そういうセンス)」
伊藤名手の話をまとめるなら“作法のもつ美意識と、釣果の両立”とでもいうべきだろうか。“引ける”という意味が“むだな動きがなく速やかに取り込める”ことを指すなら、間違いなく『飛天弓 柳』は引ける竿である。
伊藤名手は、ある種の“感受性”に関わる話を続けた。水切れ感覚を伝えるため、何度も穂先で水をすくい上げた。その感触が心地いいという。
「エサを打とうと竿掛けから竿を持ち上げたときに、穂先へ玉のような雫が伝う様子を見ていいなと思う感覚が理解できるだろうか」

速やかに取り込めることは“引ける”ことに繋がる。

水の抵抗でしなる穂先をつう~っと水滴が伝い、継ぎ目で水面へ落ちるを見惚れた伊藤名手は、次にチョウチン釣りらしからぬ行為だが、この軟らかくも強靱なしなりを利用してエサを打ってみせ、ウキがなじむとアワせてみせた。
「竿全体がしなって打ち込める感覚は、まさにヤナギの如し。こうしたスローテーパーの竿は、曲がった頂点の移動範囲が広い。つまり小さいアワセが利く。さらにスローテーパーの竿は疲れにくく、身体に優しい」
優しい釣りスタイルは、へらぶなに対する慈しみとなり、それが道具への愛着へ繋がる。
釣り終えて、伊藤名手はこうした言葉を残している。
「こうした胴に乗ってくる調子で釣りを覚えた人は、見ていて頷ける、ホッとできる釣りをしている。上手い人の釣りとは、そういうものだ」
ベテランも満足できる釣りが味わえ、入門者がきれいな釣りを身につけられる・・・そんな竿が『飛天弓 柳』なのである。

飛天弓 柳』を振っていたら、ホッとできる釣りが身につくだろう。

シマノインストラクター
伊藤 さとし

日本へら鮒釣研究会・板橋支部では82年~91年、年間優勝7回。日研個人ベストテン最年少優勝。シマノジャパンカップへら釣り選手権大会のテレビ放送やウェブでは、釣り人の観点で詳細に解説。日研板橋支部、アイファークラブ、武蔵の池愛好会所属。

PAGE TOP