へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”

新製品プロモーション一竿風月特別編『篦鮒竿譚』(へらぶなかんたん)
=飛天弓 柳=
名手が実釣、おすすめの釣り方。~萩野 孝之編~

へら竿の進化で、へらぶな釣りは、もっと面白くなる・・・。
シマノは製品の機能を高めながら、同時に釣り自体の愉しさを追求して、これまで以上に充実した釣行ができる、ものづくりを目指しています。
こうした面白さ、愉しさは、釣り人の目線でこそ見えてくるものです。そこで、同連載では“釣り人の代表”として名手がシマノへら竿を語ります。竿の物語だから、竿譚(かんたん)。難しい話は抜きで、具眼のへら士・萩野孝之名手が『飛天弓 柳』を語ります。

強く撓る、細い竿『飛天弓 柳

シマノが細さの限界へ挑戦したら、面白いことに実践向きな竿となった

まだ「“カーボンは素材が硬い”から竿も硬い」という人がいるのは否めない。“炭”素繊維という単語の響きもあって、軽量化材料であることと同時に硬さを連想してしまうのかも知れない。その比較対象となる“天然素材の釣り竿が表現する調子を最上級と考える人”の価値観へ挑むべく、これまでカーボンロッドの製竿に関わる、すべての者が長年努力を続けてきた。
・・・萩野名手も、努力してきたひとりと言えるだろう。
「『ボーダレスGL(ガイドレス仕様・Nモデル) [BORDERLESS GL N MODEL]』のときに、なぜ、こんなにいい竿になったのか開発へたずねた。すると“全部巻いてみたら安定した竿に仕上がった”という。それを聞いて私は、それならば飛天弓クラスで本格的にやってみないかと提案した」
萩野氏は、基本構造『スパイラルXコア』と強化構造『ハイパワーX』の全身X構造によって、これまで気にしていた“つぶれ”や“ネジレ”や“スパイン”によって生じる様々な問題の解決に繋がると感じたという。
もしも“全身X構造”で大きく曲がる竿をこしらえたならば、大型相手のチョウチン釣りで振りきれたようにめいっぱい曲がった状態となっても、曲がった分だけグググッと立ち上がる面白さが味わえるに違いない。そして最後まで力が抜けずに取り込めた穂先の強さもあり、高まる期待で萩野氏は胸を躍らせた。

取り込みまで力が抜けず、穂先が働きつづける。

「新しいことをやるからには、今まで避けてきたものをやろうと思った。それが、へら竿として限界の細さと、軟らかさだった。私の矛盾とも言える“細くても引ける竿に挑戦しよう”という意見に、シマノは即答で快諾した」
と振り返る萩野氏。即答だったのはシマノと萩野氏の目指す方向が、結果的に“へらぶな釣りが面白くなる竿”だと気づいていたからに他ならない。
「元々カーボン素材であれば細くできたが、従来の構造だとネジレやつぶれによる不具合が起こり、長くなると曲がりすぎた。元径が太ければ安定感こそ得られたが、もちろん竿自体は硬くなって先調子方向となる。“曲がる竿は愉しいが、曲がったままの竿は嫌になる”ものだから、基本構造『スパイラルX』と強化構造『ハイパワーX』の技術革新は、私にとって待ちに待ったものだったのだ」
しっかり曲げて愉しんだら、ちゃんと立ち上がって取り込める・・・それは同構造の成せる性能だ。

曲げて取る。全身X構造が利く。

話しながら、萩野氏はつり処椎の木湖の5号桟橋で『飛天弓 柳』9尺を継ぎ、ヒゲチョウチンの準備を始めた。
「つり処椎の木湖の竿規定は8尺からで、手持ちの尺数が8尺、9尺、10.5尺のため真ん中の9尺にした。竿いっぱいのタナだと、タナの変更は竿の交換となる。釣況次第で上下どちらにでも変えられる長さから始めるのは無難」
そう話した萩野氏はハイレベルなエサ合わせの末、ヒゲならではの時合いを構築して上下のエサを喰わせ、ズバズバ決めて釣り込んでいく。
同池で釣れる型は、ご存知のとおり1枚1kgの“キロフィッシュ”だ。これを短ハリスで喰わせたならばハリス切れを頻発しそうだが『飛天弓 柳』の働きによりノントラブルで取り込んでいる。穂持ちがすっかり水没するくらいに引き込まれるスリルを味わってから、ひと呼吸ついた後に竿を立ててしまえば、涼しい顔で玉網へ納められる。それは釣り方を替えた10.5尺の浅ダナ両だんご、12尺のチョウチン両だんご釣りでも同感だった。

大型も、充分に愉しんで取り込める。

「良型を喰わせて細い胴に乗せても引き上げられ、穂先もチューブラーで強化構造を取り入れて、すくう手前で遊ばれないようにした。こうして『飛天弓 柳』が完成したとき、常識として竹竿の径が理想だと思い込んでいたから、細径は愉しむ竿に過ぎず実践には向かないと考えていたのだが、基本構造と強化構造の全身X構造による効果は絶大で、それは競技に使いたい竿に仕上がっていた。つまり“軟らかさが武器になった”のだ。今、私は短竿のチョウチン釣りをしているが、軟らかい竿だからアワせたときの衝撃が吸収されて魚が暴れず、取り込みがスムーズになる。短いハリスは魚の顔を水面に出したとき仕掛けが突っ張って取り込む寸前にバラしがちだが、竿が曲がって仕掛けの張りが保たれることによりバラしが減少している」

軟らかい竿でも、鋭くアワセが決まる。

これだけ曲がっているのに“引ける”理由をたずねると萩野氏は「全身X構造により、従来構造だとつぶれやネジレで逃げていた力が活かされた。パワーロスが抑えられたことで、竿が軟らかくても、操作がシャープに利く。この操作性は個人的にも愉しくて、製品発表が待ち遠しかった」と笑顔を浮かべた。このとき竿のバランスがいいから、全身をしならせてエサが打てることにより様々なメリットがあると解説。振り込むとき“穂先が跳ねない”のはバランスがいい証拠であり、強みなのだとも語った。

軟らかいわりに、キレがいい。

焦らずじっくり、絞って愉しめる。

「細身というのも、空気抵抗が減るから風に強くエサ打ちがしやすいし、アワせるときは軟らかいわりに水切れもよくなる。新しいことを詰め込んだ、へら竿だが普通に釣りやすい竿に仕上がっている。曲がりきってから耐えて、そこからぐぐぐっと上がってくる感覚が面白い」
最後に“今までなかった、強く撓る、細い竿『飛天弓 柳』”が、どんな釣りに合うのかを聞いてみた。
「どんな釣り場にも合わせられ、あらゆる釣りにチョイスできる。あらゆる釣りで戦えると思っている・・・というのは言い過ぎなのかな(笑)。へらぶな釣りには極端な釣りもあるからね。でもシマノへら竿が目指してきた、面白い竿ができたことに間違いないよ」
どうやら萩野氏は、大事な競技シーンでも『飛天弓 柳』を振ろうと考えている様子だった。

遠慮なく引いて使って欲しい。

シマノインストラクター
萩野 孝之

1969年、福島県生まれ。
シマノジャパンカップへら釣り選手権大会は初出場96年6位、98年3位、99年4位、00年3位、02年3位、03年優勝、04年優勝、 05年3位(シマノへら釣り競技会、浅ダナ・チョウチン一本勝負!3位)、以降も上位入賞しながら13年まで全国大会へ進出し続けた、ミスタージャパンカップ。

PAGE TOP