山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門 Fishing Info

  • 山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップ
  • 山本太郎直伝1 道具・仕掛け
  • 山本太郎直伝2 エサの種類・選定
  • 山本太郎直伝3 ダンゴのつくり方
  • 山本太郎直伝4 仕掛けの投入
  • 山本太郎直伝5 アタリ・合わせ・取り込み
  • 山本太郎直伝6 誘いのテクニック
  • 山本太郎直伝7 アタリのパターン
  • 山本太郎直伝8 穂先で分かるステージの状況
  • 山本太郎直伝9 難攻不落の大物攻略

山本太郎直伝6 【誘いのテクニック】

“誘い上げる高さを変えて落としてみよう”誘いの幅の大小でアタリを導き出す。

ダンゴが割れてから1分経ってもアタリが出ないことがある。冬場など食い気に波があるときだ。そんな時は誘いが重要になる。誘いのバリエーションは様々で、例えばロッドいっぱいに持ち上げてからゆっくりと落とし込んでみたり、その途中でロッドを止めてみたりしながら刺しエサに動きを加えてみる。時に穂先を小刻みに震わせると効果がある。また、上下の誘いにエサ取りだけが過剰に反応するときは、刺しエサを底で左右にずらすという誘い方もある。とにかく大事なのは誘いの工夫を意識しながら、本命のクロダイに刺しエサをアピールすることだ。

①クロダイに刺しエサをアピールするのが誘い。
1
クロダイに刺しエサをアピールするのが誘い。

「今日はガン玉Bで落とし込むとエサに目がいくようだ」ということがある。沈下スピードが食いに影響しているわけだ。いずれにせよクロダイにエサの存在をアピールすることが誘いなのだ。

②クロダイにエサを見せつける誘い。③いったん視界から消す誘い。
2
クロダイにエサを見せつける誘い。

動きのない刺しエサの場合、積極的に動かしてエサを見せつけるという誘いもある。例えば丸貝だと40~50cm持ち上げて静かに潮に乗せて落とし込む。アタリがなければこれを2、3度繰り返す。

3
いったん視界から消す誘い。

クロダイの視界からエサを消すという方法もある。クロダイがいるはずなのに食わないというときは、ロッドを思いっきり振り上げ、刺しエサをクロダイから遠ざけてしまう。そして再び落とし込む。

山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップへ戻る釣り情報トップへ戻る