山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門 Fishing Info

  • 山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップ
  • 山本太郎直伝1 道具・仕掛け
  • 山本太郎直伝2 エサの種類・選定
  • 山本太郎直伝3 ダンゴのつくり方
  • 山本太郎直伝4 仕掛けの投入
  • 山本太郎直伝5 アタリ・合わせ・取り込み
  • 山本太郎直伝6 誘いのテクニック
  • 山本太郎直伝7 アタリのパターン
  • 山本太郎直伝8 穂先で分かるステージの状況
  • 山本太郎直伝9 難攻不落の大物攻略

山本太郎直伝5 【アタリ・合わせ・取り込み】

“ラインのテンションに気を配る”刺しエサを底に安定させるイメージで攻める。

ダンゴが着底して割れると穂先がテンションから解放されてスッと持ち上がる。今度はオモリのテンションが穂先に掛かるか掛からないかの位置(オモリが着底し、そこを基点に刺しエサが底に安定する)までラインを送り、そこでアタリを待つ。筏などの揺れに応じて穂先が微妙に上下動を繰り返すが、この穂先に掛かるテンションをいかに管理するかがアタリの呼び込みに通じる。向こう合わせはない。いかにアタリを出させるか。そこにかかり釣りの真髄がある。ダンゴが割れてからアタリがあるまで1分以上かかることもある。

アタリを待つ間はあまり道糸を張りすぎない。
アタリを待つ間はあまり道糸を張りすぎない。
小さな前アタリがあれば竿先を少し送り込む。次にグッと押さえ込まれたらクロダイであることが多い。
小さな前アタリがあれば竿先を少し送り込む。
次にグッと押さえ込まれたらクロダイであることが多い。
アワセは竿尻を天に突き上げる気持ちで行う。手首を返すように合わせると穂先を折ることがある。
アワセは竿尻を天に突き上げる気持ちで行う。
手首を返すように合わせると穂先を折ることがある。
ラインは張りすぎず、緩めすぎず。アタリはチョンと現れたり、モゾモゾと震えるだけだったりすることが多い。ラインのテンションを管理できていないとまず読み取れない。
ラインは張りすぎず、緩めすぎず。

アタリはチョンと現れたり、モゾモゾと震えるだけだったりすることが多い。
ラインのテンションを管理できていないとまず読み取れない。

クロダイに十分空気を吸わせてタモへ頭から誘導。タモに頭が入ったところでラインを少し緩めると魚が勝手にタモへ入る。

クロダイに十分空気を吸わせてタモへ頭から誘導。
タモに頭が入ったところでラインを少し緩めると魚が勝手にタモへ入る。

山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップへ戻る釣り情報トップへ戻る