山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門 Fishing Info

  • 山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップ
  • 山本太郎直伝1 道具・仕掛け
  • 山本太郎直伝2 エサの種類・選定
  • 山本太郎直伝3 ダンゴのつくり方
  • 山本太郎直伝4 仕掛けの投入
  • 山本太郎直伝5 アタリ・合わせ・取り込み
  • 山本太郎直伝6 誘いのテクニック
  • 山本太郎直伝7 アタリのパターン
  • 山本太郎直伝8 穂先で分かるステージの状況
  • 山本太郎直伝9 難攻不落の大物攻略

山本太郎直伝4 【仕掛けの投入】

“ダンゴでポイントづくりボラを寄せることがカギ”ボラが方程式。どう活用するかが釣果を左右する。

それではステージ、ポイントづくりだ。刺しエサをダンゴの中に握り込んで5、6個投入する。ダンゴ投入は「ボラを寄せる」がキーワード。ボラが寄ってきてダンゴをつつくと煙幕ができ、その煙幕がクロダイを引きつける。ボラとクロダイはいっしょに寄ってくると考えていい。クロダイにスイッチが入るとボラを押しのけてクロダイが食いついてくる。丸貝だけを2、3個パラパラと撒き続けるのもポイントづくりの一環だ。こうすることで丸貝の時合をつくり出すこともできる。

リールのクラッチを切り竿先は下に向けダンゴを静かに投入する。
リールのクラッチを切り、竿先は下に向けダンゴを静かに投入する。
ダンゴが着底したら軽く道糸を張り、ダンゴが割れるのを待つ。
ダンゴが着底したら軽く道糸を張り、ダンゴが割れるのを待つ。
ダンゴを握り終えたら手を洗う。タックルを汚さずトラブルを防ぐことができる。
ダンゴを握り終えたら手を洗う。タックルを汚さずトラブルを防ぐことができる。
リールのスプールをフリーにしてダンゴを静かに投入。バックラッシュしそうなら、人差し指もスプールに当てて備える。
リールのスプールをフリーにしてダンゴを静かに投入。
バックラッシュしそうなら、人差し指もスプールに当てて備える。
ダンゴが割れるのを確認。

ダンゴが着底すると糸がフケてスプールの回転が止まる。ハンドルを巻いてダンゴの重みが穂先に少し掛かるところで割れるのを待つ。

着底後テンションを少しかける
着底後テンションを少しかける
ダンゴが割れた
ダンゴが割れた
山本太郎直伝 黒鯛かかり釣り入門トップへ戻る釣り情報トップへ戻る