HOW TO 魚探 ~さらなる船乗りの楽しさへ~ Fishing Info

2.魚探の原理

では次に魚探の原理をわかりやすく解説します。魚探は超音波という、高い周波数を持った音を、船底に垂直に取り付けた送受波器から海底に向けて発射し、その反射波を受信しています。(図1参照)

よってそこに魚群がいれば、海底より早く戻ってくる事になるので、魚群反応として現れます。この超音波の送受信の動作を断続的に繰り返しているため、リアルタイムで継続的な映像として表現できます。

また、強度バーを見ていただければわかる様に、強い反射で戻ってくるものは、濃い色で表し、弱くなるにつれて薄くなっています。

この強い反射のある濃い色で、断続的に表現されているのが海底で、それよりも上に、海底よりもやや弱い反応で表現されているのが魚群と考えられます。

※参考資料提供:「The 魚探 初級編」古野電気株式会社

  • 1.まずは魚探を知る
  • 2.魚探の原理
  • 3.魚探映像の見方
  • 4.2周波の使い分け
  • 5.魚探を使いこなす
  • 6.知っておきたいその他の反応!
HOW TO 魚探トップへ戻る釣り情報トップへ戻る