HOW TO 魚探 ~さらなる船乗りの楽しさへ~ Fishing Info

1.まずは魚探を知る

魚群探知機
魚群探知機

[今回使用する魚探]

6型 LCDサウンダー フルノFN-6000T(探見丸親機)
(古野電気株式会社)
出力300ワット、
表示レンジ0~500メートルを有する魚探。
接続コネクタ
接続コネクタについて
表示部の背面を見てみると、いくつかの接続コネクタがあります。
一番下は電源。そして、その上には送受波器を接続します。さらにその上は無線送信部(探見丸アンテナ)を接続します。
送受波器
送受波器について
一方、センサーとなる送受波器。
この魚探は50キロヘルツ、200キロヘルツの2周波を内蔵していますが、センサーは一つだけです。つまり、この送受波器だけで、2周波を送受信しています。
  • 1.まずは魚探を知る
  • 2.魚探の原理
  • 3.魚探映像の見方
  • 4.2周波の使い分け
  • 5.魚探を使いこなす
  • 6.知っておきたいその他の反応!
HOW TO 魚探トップへ戻る釣り情報トップへ戻る