フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.100 11月25日 西湖でボートワカサギ(尾崎渚)

今回は山中湖を抜け出して、ボート釣りに西湖へ向かいます。

標高900m、透明度が非常に高く、この日は水深5メートルの湖底が見える程でした。
また良質なプランクトンが多く、ワカサギの生育具合がすこぶる良い為、釣れるワカサギのサイズは大型。
注目度が高くないのが不思議だが、関東屈指のデカサギレイクと言っても過言ではないと思われます。

お世話になった船宿は白根ボートさん。
車を浜ギリギリまでエントリーできる為、荷物の積み下ろしが非常に楽ちん。

一通りセッティングを終えた後に出船しましたが、この時に長靴があった方が無難です。

まず、この時期の鉄板ポイントとなる白根沖を魚探でサーチしていきますが、ワカサギが散っている様子で反応が得られませんでした。

そこでポイントを大きく移動することに。

追い風に乗りながら20~30分程ボートを漕ぎ、桑留尾沖までやって来ました。
そこには理想の魚群…水深10m~12m付近が好反応。

風向、風力を計算して魚群の真上にボートが停まるようにアンカーリングします。
 今年初の西湖。状況がわかっていないだけに、穂先はオールマイティー先調子のM03K(カミソリバーサタイル)をセレクトしました。癖が無く、シチュエーションを選ばない超万能穂先。迷ったらこれで決まりなんです。

延長アダプター10cm、EA10もセットしました。 波風によって穂先、PEラインがあおられる為、穂先に出るアタリが取りづらいのがボート釣りの難関ポイント。

EA10は軽量かつ中空ブランクス。ワカサギを掛けた時の重みや引きを大きく反響させ、手元まで伝えてくれ、手感度アップ。そして、釣果もアップとなります。

タックル
・レイクマスターCT-T 20モデル
・角度チェンジャーアンダータイプ
・EA10延長アダプター10cm
・レイクマスター エクスペック M03K(カミソリバーサタイル)
・レイクマスター PE 0.3号
・全長 1m 6本バリ狐1.5号
・オモリ11グラム

エサは紅サシを使用しますが、紅サシの1/4をカットし、ハリに大きくエサを残してやります。こうすることで、紅サシの体液をより長く保持してやろうという作戦です。

群れが入ってくるとガツガツ。誘いや合わせなど、テクニカルなことはほとんど必要としません。
良い場所に入り、新鮮なエサでアプローチしてやれば、素直に口を使ってくれます。

注意すべき点は、湖底に藻が生えていることです。

オモリを底から50cm程浮かした状態で釣ることをお勧めします。

それにしても西湖のワカサギは本当に大きいです。長さだけでなく、ボテッと太っていて丸々としています。

朝から順調に釣っていましたが、正午前から西風が吹いてきました。
ボートが左右に大きく振られてしまい、棚がコロコロと変わります。
おまけにPEラインも大きくあおられてしまいますが、バックラッシュ防止システムによりノントラブル。

もうバックラッシュは怖くない!!

釣れなくなっては小移動を繰り返し、反応の良い場所ではしっかり粘る。

一日があっという間に終わってしまいました。

本来、数を釣る目的ではなく、デカサギの釣り味を堪能しに来たのですが、終わってみたら大量。

大満足な釣りとなりました。

尾崎 渚
尾崎 渚
父親の影響で物心ついた頃から釣りを始める。
18歳でバスプロを目指して山梨県に移住。
直後から、現在の職場である「Fishing House なぎさ」に勤務。
同時にワカサギ釣りを始め、いまや山中湖の若きワカサギスペシャリスト。
ワカサギサイト