フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.56 赤谷湖でのワカサギ釣り


赤谷川をダムで堰き止めてできた赤谷湖は
水質も良くて、美味しいワカサギが釣れるところとして知られています。
また近くには宿場町として栄えた猿ヶ京温泉もあります。
とても長閑なダム湖で、ボートと桟橋の両方で釣りが楽しめ、
氷結もしないので釣りの期間も長いのが特徴です。

あたりが薄暗い早朝、看板通りにダム湖へ続く道路を降ると広い駐車場に到着しました。
利用は無料で、すぐ脇には清潔なトイレもあるので女性の方も安心です。
ここから見える位置に管理棟あり、状況を聞くことにしました。
台風影響から湖が多少濁っているけれど、桟橋でも150匹の釣果があると言われ、
それを聞いて桟橋でワカサギ釣りをすることにしました。
私は利根漁協の年鑑札を持っているので桟橋使用料の1000円だけ支払いました。
遊漁券は現地でも購入できます。
尚、小学生の遊漁券は無料です。

釣り座は、前日150匹の釣果があったところに坐りました。(8556)

魚が小さめとのことなので、
レイクマスターM02Kの穂先を使用。
仕掛け長さは88㎝。針号数は1.5号。
オモリは1.5号(5.6g)を付けました。
餌は前日からチーズを食べさせた白サシで、お酒も少々入っているので非常に柔らかです。
それを針に刺してから半切りにして仕掛けを降ろしました。

湖底にチラホラ魚影がありましたが、正面から風を受けてしまって穂先に現れる微妙なアタリがとれません。そこで風裏となる管理小屋に移動。

そこはボートの影にもなっているため、風の影響を受けにくいところでした。
水深18m湖底のワカサギは捕食してくれませんが、10m〜11mくらいに入るワカサギは
少し活性がありました。釣れるワカサギは銀ピカで、赤谷湖ならではの美しさがあります。

日が高くなるにつれアタリが増えたので、
より攻撃的な誘いと風に影響されない聞き上げができるよう、穂先をM03Kへ変更。

濁りもあるため小さく誘ってからゆっくり仕掛けを引き上げると、
モソモソと穂先に微妙なアタリが捉えられるようになりました。

また少しでも活性を上げようと市販されている『寄せっコ』を使用。
いろいろな種類がある中で、クロレラグリーンに効果がみられました。

正午近くになると、隣にいたおじさんがカップラーメンの差し入れをくれました。
景色を見ながら湖上で食べるラーメンは格別に美味しかったです。
ご馳走様でした。

徐々に風も強くなり私は午後2時で納竿。
カップラーメンをくれたおじさんは、まだ頑張ると言っていたので、
お礼に釣り上げた110匹のワカサギを差し上げました。

徐々に水も澄んできているので、釣果も良くなると思います。
管理人さんも親切丁寧にアドバイスしてくれます。

平日は事前連絡が必要とのことなので、
看板に書かれた電話番号が消えかかっていたのでお知らせいたします。
TEL 090 4373 0384

釣りを終えたら猿ヶ京温泉に立ち寄って
暖かな温泉に浸かってから帰るのもいいですね。

井上 聡
井上 聡
15歳で本格的に渓流釣りを始め、利根川をホームグラウンドに四季の魚、記憶に残る大物を求めて全国を巡り、精力的に釣行を重ねている。 本流と渓流のヤマメ釣りとワカサギ釣りを得意とする淡水の釣りなら何でもこなすオールラウンダー。
釣りのモットーは「楽しく安全に!自然を大切に」
ワカサギサイト