フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.36 爆釣レイク!精進湖!


 釣行日3月19日。
 富士五湖の一つ。精進湖に釣行しました。
 ヘラブナ釣りも盛んな湖ですが、ワカサギもすこぶる魚影の濃い釣り場で数釣りができます。

 現地の「ふじみ荘」さんで、ボートをレンタルして、釣れている情報の「天神ロープ」へ。
 エレキも持参しましたがそれほど大きくない湖ですし、ポイントも近いのもあって手漕ぎですぐにポイントに到着。

 ポイントに張ってあるロープにボートを固定してタックル準備し午前7時半過ぎからスタート。
 水深8メートルほどありました。

 タックルは、電動リール・レイクマスターCT-Tの二刀流。穂先は、右竿・レイクマスターエクスペックM03Kカミソリバーサタイル、左竿・M02Kカミソリシャローを選択。
 角度チェンジャーと延長アダプター10で繋ぎます。

 仕掛けは、右竿・袖型1号6本バリ、左竿・金バリ狐1号7本バリで、それぞれ長オモリの1.5号をつけました。エサはランダムに紅サシ&チーズサシをカットしてつけます。

 スタートはポツポツの釣れ具合。底付近のハリに釣れてくる状況でオモリ下の下バリとオモリ上の3本くらいに掛かってくる事が多い感じ。
 爆釣レイクの精進湖にしてはあまり冴えない釣れ方だったので少しずつロープ沿いにポイントをずらし探っていくといきなり群れが入り二本の穂先に忙しくアタリが出る様になります。
 型は小ぶりですが、ダブル・トリプル当たり前!しばし入れ喰いで一機に数を稼ぎます。

 しかし、風がやみベタ凪になると釣れるもののアタリが少なく底付近で一匹、一匹、拾っていく様な釣りに変化をします。

 そこで少しだけポイント移動…
 再び!ラッシュが訪れますが長続きはしません。
 釣れない時間も長くなります。

 朝の場所に戻りそれまで使っていた長オモリの1,5号を丸型1号にチェンジしオモリを着底させフカセ気味なタナ取りにして攻めます。マメにエサ交換をしてコツコツ釣る事にしました。
 しかし、魚が小さい事もあり、かえってアタリがわかりにくくフッキングも悪くなります。
 今度は長オモリの1号にしてオモリ下の下バリを底スレスレにタナ取りし、ミャク釣りに戻します。
 エサもさらに小さく切って…

 それなりに釣れるのですが爆釣レベルまでには改善できない状況。ヘラブナが寄って来たりして群れが散ってしまっているのか?
 そんな中…
 目の前の沖からカワウが二羽、水面から出てきました。
 魚の群れが止まらない理由の一つかもしれません。
 釣れては止まり釣れては止まりの繰り返し。とにかく、仕掛けの下の方のエサはマメに交換して粘っていると再び!ラッシュ!!
 中層にも大きな群れが入り!空中戦!!へ。
 レイクマスターの水深カウンターと魚探の反応の水深を合せて忙しい釣りです。
 レイクマスターCT-Tは「自動棚停止機構」の機能がありますのでボタン一つ押すだけでタナを記憶します。まさに、空中戦では特に威力を発揮します。
 しばし、バクバクのスパーク!!中層の魚はタナさせ合せれば多点掛けになります。

 「やっぱ、精進湖に来たからにはこうでなくっちゃ!!」としばし入れ喰いが続きますが、中層の魚は足も速いので魚探とにらめっこで底と中層を行ったり来たりの釣りです。

 正午の時点で600匹ほど、一時はどうなるかと思いましたがとりあえずこのままいけばとりあえずの目標の10束は楽々なのですが…
 そう甘くなく…苦笑。

 やはり天気が良くなってベタ凪になると再びポツポツモード!!
 かと思えば群れが来たり風が出たりで入れ喰いになったりの繰り返しでした。

 結局、16時近くまでやってしまい(笑)。977匹!!10束には届きませんでしたが、爆釣にはかわりありません。

 富士山を見ながらすばらしいロケーションで久しぶりに来た精進湖で数釣りを楽しめました。
 型は小ぶりですので本日の穂先はレイクマスターのM02カミソリシャローの方が良かったです。底中心の釣りですので仕掛けは5本バリ程度でやはりエサをマメに交換する事が大事。紅サシが優勢でした。

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。
ワカサギサイト